• TOP
  • 国際情報
  • ゴーン氏が語った 「日本メディア会見締め出し」の理由

国際情報

2020.01.09 00:20  NEWSポストセブン

ゴーン氏が語った 「日本メディア会見締め出し」の理由

ゴーン氏の会見は休憩を挟んで2時間以上に及んでいる

ゴーン氏の会見は休憩を挟んで2時間以上に及んでいる

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏の会見は、日本時間1月8日22時から始まり、休憩を挟んで2時間近くにわたって行われている。本誌・週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班は質疑応答でゴーン氏に質問する機会を得た。

 現在、会場に入っているメディアは全世界の約80媒体、120人ほどとされているが、その中で日本メディアは朝日新聞とワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、そして週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班の3媒体のみだ。

 本誌記者が「この会見の場に日本のメディアがそれほど多く集っていないことに驚いている。なぜ一部のメディアしか招かなかったのか」と問うと、ゴーン氏はこう答えた。

「私は日本のメディアを差別しているわけではない。また、日本のメディアだけ締め出したわけでもない」

「正直に言って、プロパガンダを持って発言する人たちは私にとってプラスにはならない。また、事実を分析して報じられない人たちは私にとってはプラスにならない。ここには、BBC、CBS、NBCなど多くの国際的なメディアを招いた。こうしたメディアは、客観的に報道することができると考えたからだ」

 ゴーン氏はそう語った上で、「日本のメディアをすべて招くことができなかったことも確かです」と付け加えた。

◆取材協力/宮下洋一(ジャーナリスト)

関連記事

トピックス