芸能

二宮和也、綾瀬はるかも 「芸能人の友達が少ない」事情とは

綾瀬はるかも芸能人の友達は少ないという

 ドラマや映画で共演する芸能人たちが舞台挨拶や番宣などで仲良くしている姿を見ると、プライベートでも仲良し、と思われがちだが、そうとは限らない。仕事以外の場では、共演者とつき合いをもたない芸能人は決して少なくない。そんな”芸能人の友達が少ない芸能人”の1人、嵐・二宮和也(36才)のニュースが注目を集めた。

 昨年11月に元フリーアナウンサーの女性との結婚を発表した二宮が、妻とともに、俳優の西島秀俊(48才)夫妻と頻繁に会い、食事をするなどしているという。そう伝えたのは、NEWSポストセブンが1月16日に配信した「二宮和也邸に通う西島秀俊夫妻、良き相談相手になるまで」という記事だ。一回り年齢差がある二宮と西島だが、記事によれば、2人は映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(2017年)以来親しくしているそうだ。嵐ファンの間では、二宮の交友範囲の狭さは有名だが、二宮にとって西島は、数少ない芸能人の友人の1人のようだ。

 テレビやスクリーンでまばゆい光を放つ芸能人は、プライベートも華やかというイメージになりがち。銀座や六本木で夜な夜な豪遊し、プライベートでも伝説を残したスターも確かに存在するが、実際は非常に地味なプライベートを送る芸能人は多い。二宮もその1人だ。女性ファッション誌記者はいう。

「二宮は以前、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、携帯電話の電話帳の登録人数が60件ほどしかないと明かしたことがあります。しかもこの中には、かかりつけのクリニックやジャニーズ事務所の番号も含まれているということでした。嵐のメンバーはかつて、『お互いの連絡先を知らないメンバーもいる』と語ったこともあります(女性ファッション誌記者)

 SNSで情報が発信できる今、ブログやインスタグラムなどに芸能人の友人とのプライベート写真を載せ、話題になる芸能人がいる一方で、芸能人とは極力付き合わないタイプも少なくない。ドラマ制作の現場を知るフリーライターはいう。

「交友範囲が広ければ、そこから仕事が入ってくるというメリットはあります。映画や舞台への出演が酒席で決まるのは珍しい話ではなく、若手の俳優が関係者の飲み会にこまめに顔を出すのは大事な仕事です。

 ただ、演技のために芸能人とは交際しないという俳優もいます。中谷美紀はかつて『共演者と仲良くなると、演技がしにくくなるから』という理由で共演者とはつるまないと話しています。演技に強いこだわりがあったり、役に入り込むタイプの俳優は、概してそういう傾向があるようです」

 必要以上に仲良くなりすぎてしまえば、どうしてもそれが演技ににじみ出てしまうことは十分に考えられる。しかし、より深刻な事情は昨今しばしば話題になるコンプライアンスだ。ベテラン芸能記者の石田春男氏はいう。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト