• TOP
  • 芸能
  • 東出騒動で考えた、不倫を断罪できるのは関係者だけで充分か

芸能

2020.01.31 16:00  女性セブン

東出騒動で考えた、不倫を断罪できるのは関係者だけで充分か

オバ記者が東出騒動に思うこととは?

 体験取材と得意とする女性セブンのアラ還ライター“オバ記者”こと野原広子(62才)が、世間で話題になっていることに自由な意見をぶつける。今回のテーマは「東出はどこまで悪い男だったのか」。

 * * *
 東出昌大(31才)と唐田えりか(22才)の不倫が大炎上している。私がまず驚いたのは、東出の事務所が即座に「報じられていることはほぼ事実」と認めたことよ。21才で週刊誌記者になってから40年以上たつけど、この展開は初めてだ。

《現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります》

 こんなコメントを出したもんだから、「浮気した側が“苦しむ”なんて言うな!」と火に油。

 妻・杏(33才)は東出との結婚(2015年)の翌年に双子を出産。その翌年に第3子を出産──おめでた続きだったけど、実はこのタイミングで、東出と唐田が関係を持っていたことが、「女の敵」と認定された最大の理由よね。当時19才で映画デビューしたての唐田に対して東出は、オフの日でも「本読みしよう」などと誘い、一緒に過ごしていたそうな。

 ご存じの通り、杏と東出の関係も、共演(NHK『ごちそうさん』)から始まっている。

 古くから杏を知るスタッフが私の知り合いにいて、東出との結婚が話題になると、「なんであんなヤツと」と顔を曇らせてたの。「え~ッ、いい男じゃない」と私が言うと、「華がない。演技力もない、杏におんぶに抱っこのくせに、自覚がない」と、クソみそだったの。その彼から業界の人の悪口を聞いたのは、後にも先にも東出に対してだけなのよねぇ、今思えば。

 これまで、東出に対する世間のイメージは、むしろ「けなげなイクメン」だった。

 双子の女児が生まれた時、「彼はパリコレモデル時代に現地で自炊生活を経験していて、料理も洗濯も買い物も苦にしない。重いつわりで動けない妻のためにせっせと手料理を作り、買い物でもカゴを持って“指令”通りに商品を買ってくる。第3子の出産の時も『家事は全部自分がやる』という意気込み」と話題になっていたの。

 そして、第3子誕生前には、2億円のマイホームを購入。妻と子供を大切にしている姿が印象的だった。そんな姿を私たちに見せながら、東出は唐田と“違う形の愛”を育んでいたのよね。

 でも…こうした事実が明らかになった今、「許せない!」と怒るのが“主流派”だし、良識人なのは百も承知なんだけどさ。どうしても私はその輪の中に入る気になれないんだわ。

 というのも、これからふたりが離婚するかどうかはわからないけれど、今、クソみそに叩かれている夫・東出は、杏にとって最初から悪い男ではなかったんだと、私は確信しているの。

関連記事

トピックス