スポーツ

正代、巨人ファンも虜に 「ネガティブじゃない」サイン対応

サイン攻めに遭う正代だが…

 令和初の大相撲初場所は両横綱不在も平幕2人が“下克上”の優勝争いで盛り上げた。初優勝を飾った徳勝龍(33才)は幕尻からの快進撃、優勝インタビューでも笑いあり涙ありの切り返しで国技館を沸かせた。その徳勝龍と優勝争いをしたのが前頭四枚目の正代(28才)。“ネガティブ力士”と言われる彼が、意外な一面を見せた。

「正代は高校3年で国体優勝、東京農大2年時に学生横綱になった実力者。努力家で将来の横綱候補と期待される力士。一方でたびたび話題になるのはその性格です。2015年の新十両会見で記者から対戦したい力士を聞かれ“できれば誰ともやりたくない”と答え、横にいた時津風親方から“バカじゃないの、お前。何をするにもマイナス思考だな”と呆れられたエピソードは有名です(笑い)。

 それが今場所では7連敗中の大関・貴景勝に勝った後の花道でガッツポーズにスキップしたり、“連勝を続けていきたい”とポジティブになりつつあるんです」(スポーツ紙記者)

 惜しくも優勝を逃した翌日、ファンに囲まれる正代をキャッチ。平日でも多くの利用客であふれる羽田空港でサイン攻めにあっていた。居合わせた相撲ファンの男性が語る。

「地元の熊本に帰るところだったのか、荷物を手に後輩らしき方と2人で出発ロビーに現れたんです。大きな身体で着物に髷ですから遠くからでも目立っていて、すぐに気づいて“正代さん!”と声をかけると野太い声で“あーっす(ありがとうございます)”と言って、自ら手を差し出して握手してくれたんです」

 正代がいると知るや周囲の人たちが駆け寄り、あっという間の人だかり。あまりの人の多さに驚きつつも手荷物を後輩に預けると、記念撮影や握手などひとりひとり丁寧に対応する。中にはサイン色紙とサインペンを持参している用意のいいファンも。

「実はその日、プロ野球の巨人の選手がキャンプインに向けて出発するので、熱心な巨人ファンが見送りに集まっていたんです。それで色紙を持っていた人が多かったようなんですけど、みんな正代のサインをもらってました(笑い)」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン