ビジネス

森ビル・辻慎吾社長「世界と戦える東京」を創りたい

森ビルの辻慎吾社長

 六本木ヒルズや表参道ヒルズ、虎ノ門ヒルズなど、森ビルは世間の話題を集める街づくりを手がけてきた。大手ディベロッパーの中でも異能集団と呼ばれる森ビルの哲学とは何なのか、辻慎吾社長(59)に訊いた。

──このシリーズでは最初に「平成元年(1989年)に何をしていたか」を伺います。

辻:私は1985年に森ビルに入社しました。その頃進行中だった「アークヒルズ」(1986年竣工)プロジェクトの社会的なインパクトに大きな魅力を感じたからです。

 1989年は「表参道ヒルズ」(2006年竣工)の開発に携わっていました。もともとは別のディベロッパーが手がけていた案件で、その会社が開発から降りて代わりに森ビルが出ていくという時期でした。

 大きな再開発事業でディベロッパーが変わるのは地権者にとって不安なことですし、当時の森ビルは再開発の実績に乏しかった。そのため地権者の方々に信頼してもらうことから取り組みました。

──当時はバブル全盛期で、不動産は必ず値上がりするという「土地神話」がもて囃されていた。

辻:新入社員の頃は用地買収をしていましたが凄かったですね。1週間で1割も価格が上がった物件もありました。10億円で買えると思っていた物件が、1週間後には11億円ですから。ただ、我々はあくまで再開発を手掛けるディベロッパーであり、転売には興味がありませんので、バブルの頃はあえて様子見することが多かったかもしれません。

──不動産の激動期や表参道ヒルズ開発の経験は今に活きている?

辻:地権者の方々に賛同してもらえない限り、都心を再生していく大きな再開発は成しえません。それらの事業に関わったことで、森ビルの社風でもある、粘り強く人と向き合っていく経験値を積めたと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン