スポーツ

巨人の一塁は激戦区 北村、山下ら若手にチャンスは?

育成選手から支配下選手登録された山下航汰はレギュラーを掴めるか(時事通信フォト)

 プロ野球12球団が一斉にキャンプイン、2020年シーズンのレギュラーポジションをめぐって激しい争いが始まる。2019年セ・リーグ優勝を果たしたものの、2012年以来、日本一から遠ざかっている読売巨人軍では、一塁をめぐる争奪戦が始まる。

 阿部慎之助引退後の一塁は誰が守るのか。原辰徳監督直々に“激戦区”とした一塁手候補にはベテラン中島宏之に加えて、大卒3年目・北村拓己(24)と高卒2年目・山下航汰(19)の若手2人を名指しした。昨季のイースタンで、北村は最高出塁率、育成出身の山下もルーキーながら首位打者を獲得した。巨人の番記者が語る。

「北村はパンチ力はあるのですが、ボールに当てにいってしまうのが課題で本塁打が少ない。自主トレで指導を受けた坂本勇人からも『大きく振れ』と言われています。山下の武器はミート力。内角のさばき方は天才的です」

 昨季、一塁も守っていた主砲・岡本和真を三塁に固定する方針を示し、若手台頭の舞台は用意されたかのように見える。

 ただ、与えられるチャンスは多くない。OBの広澤克実氏が分析する。

「今季はキャンプ、オープン戦が短縮されていて、一軍での実績がない2人の実力を見極めるのが難しい。開幕前に新外国人を補強したり、大城卓三に任せるといった選択肢にシーズン序盤は落ち着くのではないか」

※週刊ポスト2020年2月14日号

北村拓己は?(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン