ライフ

認知症母からの電話に一喜一憂 つながったときには用件忘れ…

 かかりつけの認知症専門医は早速、母に質問した。

「お正月の旅行、どこへ行きましたか?」

 もちろん覚えていない。母は困った顔で目が泳ぎ始めた。「えーっと東北かな?」と、私を見るので、「山梨だよ」と思わず小声で助け船を。

 母は一転、にっこり笑って、「山梨ですよ」と、初めからわかっていた顔で胸を張った。昨日の不穏がウソのようにキレのある“取り繕い”。いつもの前向きな認知症の母だ。

 帰り道、暖冬のせいか、住宅街の梅が花を咲かせ、真っ青な空に映えていた。気温も急上昇して、1月末にウキウキ楽しい気分になった。

「どこか出かけたい気分ね」

 母もご機嫌だ。この穏やかな晴天が続くよう祈った。

※女性セブン2020年2月27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス