• TOP
  • ビジネス
  • サッポロHDの不動産戦略 恵比寿、銀座、札幌で立ち位置保つ

ビジネス

2020.02.24 16:00  週刊ポスト

サッポロHDの不動産戦略 恵比寿、銀座、札幌で立ち位置保つ

サッポロホールディングスの尾賀真城社長

 2020年には東京五輪や10月の酒税法改正など、ビール市場にとっては激動の年となる。酒類事業以外の強化、拡大も必須だが、大手ビール製造会社であるサッポロホールディングスはどう出るのか。尾賀真城(おが・まさき)社長に訊いた。

──発泡酒が登場するなどビール業界の「転換期」だった1994年は、(同社本社のある)恵比寿ガーデンプレイスが竣工した年でもあります。不動産事業は、サッポログループの収益の稼ぎ頭になっています。

尾賀:当初は大変でした。恵比寿ガーデンプレイスを計画した当時はバブル期でしたが、竣工した1994年にはバブルは崩壊、土地神話も終焉していた、いわば最悪の時期。思うようにテナントが集まらず、かなり苦労しました。

 それでも長い間、サッポロとして街づくりのお手伝いをできないかという考え方で長くやってきたことが実を結んでいるのだと思います。

関連記事

トピックス