芸能

二宮和也の結婚でロス状態、立ち直り方を脳内科医に聞く

脳内科が提示する「ニノ・ロス」との向き合い方(イラスト/白ふくろう舎)

 令和初の冬は芸能ニュースが花盛り。昨年11月の嵐・二宮和也(36才)の電撃結婚発表に始まって、今年もまだ3か月しか経っていないのに櫻井翔(38才)のベトナム婚前旅行のスクープ、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫、韓国ではチャンミン(東方神起・32才)の熱愛、ヒチョル(SUPER JUNIOR・36才)とモモ(TWICE・23才)の熱愛発覚、チェン(EXO・27才)の結婚など、出るわ出るわ。

そのたびにファンの心はかき乱されてる…つらっ! そこで、ニノファン歴15年の女性セブンの記者・よし子が、熱愛スクープに振り回されないための方法を専門家に聞きました。

【プロフィール】
脳内科医・加藤俊徳さん/医学博士(脳科学)、『脳の学校』代表、加藤プラチナクリニック院長。MRI脳相診断で適職や性格を分析。さまざまな脳番地トレーニングで「脳はいくつになっても成長する」ためのメソッドをわかりやすく提唱。

女性セブン記者・よし子/記者歴30年の52才。会社員の夫と大学生の息子との3人暮らし。趣味は嵐の追っかけと飲酒。座右の銘は、「転んでもただでは起きぬ」。

よし子:加藤先生、いまだに“ニノ・ロス”がひどいんです。もう春なのに…。

加藤:ロスというのは、たとえば、かわいがっていたワンちゃんが死んでしまったら、もうかわいがることができないために起こります。定年直後の男性なども同じです。二宮くんを追いかけるために、家族に一生懸命ご飯を作り、洗濯物をきれいにたたみ、家の中を一点の曇りなく準備するというように、二宮くんありきで作り上げた行動パターンが、ショックで機能しなくなってしまった。

 いまのよし子さんの状態は、自分の脳に対する危機管理ができていなかったことで起きているといえます。

よし子:ひえーっ! 楽しくニノを追いかけている中で、どんな危機管理をしていればよかったんでしょうか?

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン