• TOP
  • 芸能
  • 二宮和也の結婚でロス状態、立ち直り方を脳内科医に聞く

芸能

2020.03.08 16:00  女性セブン

二宮和也の結婚でロス状態、立ち直り方を脳内科医に聞く

脳内科が提示する「ニノ・ロス」との向き合い方(イラスト/白ふくろう舎)

 令和初の冬は芸能ニュースが花盛り。昨年11月の嵐・二宮和也(36才)の電撃結婚発表に始まって、今年もまだ3か月しか経っていないのに櫻井翔(38才)のベトナム婚前旅行のスクープ、東出昌大(32才)と唐田えりか(22才)の不倫、韓国ではチャンミン(東方神起・32才)の熱愛、ヒチョル(SUPER JUNIOR・36才)とモモ(TWICE・23才)の熱愛発覚、チェン(EXO・27才)の結婚など、出るわ出るわ。

そのたびにファンの心はかき乱されてる…つらっ! そこで、ニノファン歴15年の女性セブンの記者・よし子が、熱愛スクープに振り回されないための方法を専門家に聞きました。

【プロフィール】
脳内科医・加藤俊徳さん/医学博士(脳科学)、『脳の学校』代表、加藤プラチナクリニック院長。MRI脳相診断で適職や性格を分析。さまざまな脳番地トレーニングで「脳はいくつになっても成長する」ためのメソッドをわかりやすく提唱。

女性セブン記者・よし子/記者歴30年の52才。会社員の夫と大学生の息子との3人暮らし。趣味は嵐の追っかけと飲酒。座右の銘は、「転んでもただでは起きぬ」。

よし子:加藤先生、いまだに“ニノ・ロス”がひどいんです。もう春なのに…。

加藤:ロスというのは、たとえば、かわいがっていたワンちゃんが死んでしまったら、もうかわいがることができないために起こります。定年直後の男性なども同じです。二宮くんを追いかけるために、家族に一生懸命ご飯を作り、洗濯物をきれいにたたみ、家の中を一点の曇りなく準備するというように、二宮くんありきで作り上げた行動パターンが、ショックで機能しなくなってしまった。

 いまのよし子さんの状態は、自分の脳に対する危機管理ができていなかったことで起きているといえます。

よし子:ひえーっ! 楽しくニノを追いかけている中で、どんな危機管理をしていればよかったんでしょうか?

関連記事

トピックス