芸能

石原さとみの4月ドラマ、新型コロナで想定外の大トラブル

ドラマ内で着用している薬剤師の衣装はデザインから一緒に考えたという

 エンタメ業界に様々な影響を与えている新型コロナウイルス。4月にスタートする石原さとみ(33才)の主演ドラマも、被害を被ってた──。

「今年の春ドラマは、堺雅人(46才)の『半沢直樹』(TBS系)や篠原涼子(46才)の『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編をはじめ、星野源(39才)や平野紫耀(23才)など、人気俳優が主演を務める話題作が多い。各局とも、夏は五輪中継でドラマの視聴率が下がると見込んで、全力を入れているんです」(ドラマライター)

 しかしその撮影現場で思わぬトラブルが発生しているという。

「石原さとみさん主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)が困った事態に陥りました。新型コロナウイルスの影響で、予定していた病院での撮影許可がおりなかったんです」(テレビ局関係者)

 本作は、人気コミックが原作で、病院内の薬剤部で処方薬の調剤等を行う病院薬剤師の奮闘を描く。主人公の薬剤師を石原が演じる。

「本作だけでなく、現在放送中の冬ドラマ、そして春ドラマは医療モノのオンパレードなのですが、これにはワケが。東京オリンピック関連の工事や警備で都内のロケに制約が出るため、病院内での撮影がメインの医療ドラマなら影響を受けにくいと判断したんです。それなのに新型コロナウイルスがやってくるとは…」(別のテレビ局関係者)

『アンサング・シンデレラ』は、なんとか撮影できる病院を探し出し、クランクインにこぎつけたが、その病院の状況次第では、今後、撮影禁止になる可能性もあるという。

「当初の予定よりも病院での撮影を大幅に削り、今後は病院ではなく調剤薬局やオンライン診療の撮影を増やしていくそうです。

 もちろん、病院での撮影ではスタッフ全員がマスク着用。役者も出番のとき以外は常にマスクをして、こまめに消毒をしています」(前出・テレビ局関係者)

 感染予防の観点から、「春ドラマからキスシーンが消える」という声まで出ているという。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン