• TOP
  • 芸能
  • ブルゾンちえみ、海外挑戦を決意 事務所退社含め真剣交渉中

芸能

2020.03.13 16:00  NEWSポストセブン

ブルゾンちえみ、海外挑戦を決意 事務所退社含め真剣交渉中

世界を舞台にしようと挑戦するブルゾンちえみ(時事通信フォト)

世界を舞台にしようと挑戦するブルゾンちえみ(時事通信フォト)

 35億人の男たちを虜にするための準備段階に入った。お笑いタレントのブルゾンちえみ(29才)が、海外挑戦のため、所属事務所と交渉中だということがわかった。事務所を退社する可能性もあり、そうなれば文字通り不退転の覚悟で挑むことになりそうだ。あるお笑い芸人のマネジャーが明かす。

「ブルゾンさんは、この3月が所属事務所との契約更新のタイミング。更新の有無が話し合われていますが、彼女としては事務所を辞めてでも海外挑戦したいと思っている。それほど海外での仕事に魅力を感じているんです。本気である証拠に、弁護士ともいろいろと相談しているそうですよ」

 ブルゾンにとっては、念願の海外進出だ。お笑い番組のテレビ局関係者は「ネタやメイクでもわかるように、彼女は生粋の海外志向。それに、最近は今後の方向性に悩んでいましたから」と話す。

 ブルゾンは、2017年元旦に彗星のごとく現れた。毎年、新たなお笑いタレントを人気者に化けさせる『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』に、「ブルゾンちえみwith B」として初出演し、優勝。芸歴わずか2年ながら、インパクト大のネタで瞬く間にスターダムにのし上がった。その4か月後には連続ドラマで女優デビュー、半年後には『24時間テレビ』のマラソンランナー、年末には『35億』が流行語大賞と、まさに一大ブームを起こした1年となった。

 ただし、反動も大きかった。「昨年は露出も減ってきて、本人は芸の幅を広げようと試行錯誤していた」(前出・芸人のマネジャー)という。

 行き着いた方向性は、ブルゾン自身が好きで憧れる海外進出だった。ブレーク前まで交際していたのは、アルバイト先の同僚のネパール人男性。テレビ番組でも「あの時に冷たい台に乗せたがる」と下ネタまで交えて、うれしそうに振り返っていた。公式ツイッターでも、レオナルド・ディカプリオやウイル・スミスの息子への愛を明かすなど、一貫して外国人男性好きを公言し続けていた。ブログを見ると、海外旅行の様子が写真とともに掲載されていて、海外に憧れを持っていることが伝わってくる。

 彼女が目指す芸人の一人に、渡辺直美がいる。渡辺は昨年4月、本格的にアメリカ・ニューヨークでの生活を開始。日本人で初めて、ファッションブランド「ケイトスペードニューヨーク」のグローバルアンバサダーに就任するなど、海外での知名度も上がってきている。

関連記事

トピックス