• TOP
  • 芸能
  • 吉高由里子ドラマ『知らコト』 不倫が絶対悪ではないと証明

芸能

2020.03.14 16:00  NEWSポストセブン

吉高由里子ドラマ『知らコト』 不倫が絶対悪ではないと証明

吉高由里子は週刊誌の敏腕記者を熱演した

 SNSの普及によってバッシングの熱量は高まった。いまやそれが表現活動に及ぼす影響も無視できない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が考察した。

 * * *
 いよいよ各ドラマも終盤。振り返れば今期に注目された話題の一つに、「世を騒がす芸能人の不倫問題がドラマに影響を落とすのか」ということがありました。

 具体的には、東出昌大さんの不倫報道で一色となった2月頃、NHK朝ドラ『スカーレット』も喜美子(戸田恵梨香)の夫・八郎(松下洸平)と女の弟子・松永三津(黒島結菜)が怪しい雰囲気で急接近という展開に。三津の好意に対して八郎もまんざらではなさそうで、妻への不満を三津にもらす。三津はいよいよ本気になり……。しかも、この筋立てはただのフィクションではなかったため、よけい注目されることに。

 朝ドラにはご存じ実在のモデル=信楽焼作家・神山清子さんがいます。神山さんの夫は弟子と不倫関係になり家を出て夫婦は離婚、という事実があるだけに、その現実をトレースするのか、違う形にするのか、東出さん不倫の騒動が朝ドラの先行きにどんな影響を与えるのか、と話題になったのでした。最終的には八郎が三津をかわして、三津は工房を去り一件落着とあいなりました。NHKの制作陣によると、不倫回避という展開は、東出さんの不倫問題とは関係がないとのこと。

 そうは言っても視聴者はリアルタイムで両方を見ている。しかも公共放送で毎日流れる朝ドラは生活の一部。良きにしろ悪しきにしろ出来事や話題と全くの無関係ではいられないでしょう。

 ストーリーとしては不倫は回避されましたが、課題は残った。不倫はなかったのに夫婦は離婚してしまったからです。ではなぜ別れたのか。夫が妻の才能に嫉妬したことも理由らしい。けれど夫は当初、妻が望む穴窯制作を応援していた節もあり、どうもはっきりしない。しかも終わりに近い3月半ばの今でさえ、八郎は頻繁に家に出入りしている。

 いったいなぜ二人が別れたのか、関係がどうなっているのか、モヤモヤ感を抱き続けている視聴者も多いようです。筋をしっかり回収しきれていないというか、何となく中途半端な感じが漂い続けています。いや、世の不倫騒動の影響など思い切り跳ね返すくらいドラマ世界が独自の強さを持って自己完結していれば何の問題も生まれなかった、という教訓なのかもしれません。

 奇しくも同じ時期、対照的に正面から「不倫の関係」を描き出して多くの視聴者の「共感」を呼び込んだドラマがありました。『知らなくていいコト』(日本テレビ系水曜22時)は週刊イーストの敏腕女性記者・真壁ケイト(吉高由里子)が主人公。同じ編集部のカメラマン、尾高(柄本佑)は既婚者で妻と幼な子がいる。その上で、ケイトと尾高は心底惹かれあう。

「俺の心の中にはいつもケイトがいる。ケイトを思わない日はない」と尾高。ケイトも「一緒に生きていきたい」と伝える。尾高がケイトを後ろから抱きしめる「バックハグ」は注目を集め、「胸キュンシーン」として話題を振りまき、柄本さんの「色香」が凄いと評判を取ったのでした。そう、二人の「不倫」の関係は反発されるどころか好感度はグングンとアップしていきました。

関連記事

トピックス