• TOP
  • ライフ
  • せんだみつお、吹き上がる“アクティブジジイ”批判に反論

ライフ

2020.03.25 07:00  週刊ポスト

せんだみつお、吹き上がる“アクティブジジイ”批判に反論

自粛ムードにせんだみつおは?(写真提供/せんだみつお)

 ライブハウスに行った翌日からスポーツクラブでダンスをし、公民館の三味線教室にも参加した60代女性。熱が出たものの飛行機に乗り、富山県内をバスツアーで巡り、岐阜県で体調を崩すも旅行を続けて関東に戻った70代女性。症状が現われた後もスポーツジムを5回利用した70代男性──。新型コロナに感染したシニアたちの“活動的”な行動に、厳しい視線が集まっている。

“アクティブジジイ”“アクティブババア”──。新型コロナ感染拡大のニュースが流れる度に、行動的なことを“アクティブ”と揶揄して、シニアを非難する声がネットを中心にあがっている。

 政府が小中高の休校を要請したことによって、テレビでも「若者を家に閉じこめるよりも、元気なお年寄りを家に閉じ込めたほうがいい」といった意見が語られている。

 人生100年時代の理想とされた元気なシニアは、すっかり悪者扱いだ。しかしそんな世相に異を唱える当事者たちがいる。

◆桜を見に行こう

「家で大人しくしてろと言われたって、僕みたいな世代は家の中にずっとはいられないよ」

 そう話すのは、タレントのせんだみつお氏(72)だ。自粛ムードの中でもドラマなどの仕事をこなしているせんだ氏は、アクティブでいられる背景に「団塊世代」の特徴があると言う。

関連記事

トピックス