• TOP
  • 国内
  • 校則廃止の世田谷区立中学 全入学者の半数近くが「越境」

国内

2020.03.28 07:00  女性セブン

校則廃止の世田谷区立中学 全入学者の半数近くが「越境」

世田谷区立桜丘中で行われた卒業式。校長の西郷さんは生徒の自由を尊重することでいい学校を作り上げた(撮影/浅野剛)

 東京で観測史上最も早く桜が開花して5日、桜並木の坂道をのぼった先にある東京・世田谷区立桜丘中学校では、新型コロナウイルスの影響で規模は縮小されながら、無事、卒業式が行われた。

 この日卒業を迎えたのは3年生184人。そしてもう1人、2010年より校長を務め、教員生活を終える西郷孝彦さん(65才)だ。

 西郷さんが校長として在籍した10年の間に、どの学校にもあたり前にあるものが、この学校では少しずつなくなっていった。まず、授業の始めと終わりを告げるチャイムが鳴らない。授業中に昼寝をしていても叱られないし、教員が強い口調で話すこともない。

 校則はなく、登校時間も服装も髪形も自由で、タブレットやスマートフォンを使用してもかまわない。教室に入りづらい生徒は、授業中に廊下に出て自学してもいい。

 これらは闇雲に廃止されたわけではない。「インクルーシブ教育」の観点から、“すべての生徒が3年間楽しく過ごせる学校にする”ために、試行錯誤の末になくしてきたのだ。

「インクルーシブ教育」という言葉は、昨今、急速に教育現場で広まってきた。障害のある子どもが、普通学級で教育を受けることを指すと誤解されがちだが、そうではない。障害がある子どもも、そうでない子どもも、「ともに学ぶ」ことを意味していると、教育評論家の尾木直樹さんは言う。

「インクルーシブ教育とは、子ども一人ひとりの個性や特徴を認め、多様性を受け入れるというもの。子どもが100人いたら、100人の能力を伸ばそうという考え方です。

 習熟度の低い子に合わせていると、ほかの子が適切な指導を受けられなくなるとか、学習が深まらないとか、以前はそんな意見が出た時期もありますが、それは誤解です。

 実際、きちんとインクルーシブ教育を行っている現場では、むしろ子どもたちの学力も伸びています」

 この世には、誰ひとり同じ人間はいない。しかし、これまでの学校教育は、生徒をひとつの型に押し込め、そこからはみ出した子どもたちを、「不良」や「落ちこぼれ」とレッテルを貼って排除してきた。現代ではそれを「不登校児」などと呼び方を変えただけだと、尾木さんは続ける。

「インクルーシブ教育が正しく実践されている桜丘中学校では、どんな子にも居場所がありました。発達障害や知的障害、不登校や帰国子女など、“困難を抱えている生徒”だけに居場所があるのではありません。勉強が好きな子にも、ギターが好きな子にも、部活をがんばっている子にも、そしてもちろん、普通といわれる子たちにも、桜丘中学校は大切な居場所になっています」

◆5割近くが越境入学を希望

 こうした桜丘中学校の革新的な取り組みについて、本誌・女性セブンが初めて紹介したのは、1年前の2019年3月14日号のこと。その後も数回にわたって特集してきたが、その反響は回を追うごとに大きくなり、同校の人気も高まっていった。

 2019年度には、区域外から桜丘中学校に越境入学を申し出る家庭が、全入学者数の5割に迫った。それが意味することを、考える必要があるだろう。

 一方で、多くのメディアで取り上げられるようになると同時に、厳しい意見もまた、多く寄せられたと西郷さんは言う。

関連記事

トピックス