• TOP
  • 芸能
  • 『警視庁捜査一課長』 新シリーズの見どころは「芋おはぎ」

芸能

2020.04.09 07:00  女性セブン

『警視庁捜査一課長』 新シリーズの見どころは「芋おはぎ」

『警視庁捜査一課長』の最新作では“芋おはぎ”が活躍(公式HPより)

 俳優・内藤剛志(64才)がノンキャリアの捜査一課長を演じるドラマシリーズ『警視庁捜査一課長』の最新作となる『警視庁捜査一課長2020』が4月9日にスタートする(テレビ朝日系、毎週木曜20時~)。

 花形部署といわれる警視庁捜査一課で、ノンキャリアのヒラ刑事からのし上がり、400人以上の部下を統率する捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が鮮やかに、着実に事件を解決していく──。

 2012年に『土曜ワイド劇場』で放送された2時間ドラマとしてスタートした本作。2016年から連続ドラマとなり、今回はシーズン4となる。

 気になる第1話のあらすじは以下の通り。都内で見つかったのは、エイプリルフールのためフェイクニュースを取材していた新聞記者の遺体。大岩は新人刑事・妹尾萩(三吉彩花・23)らと捜査を開始するが…。

 今作のゼネラルプロデューサーである関拓也さんは、作品の見所について、こう話す。

「“ヒラから成り上がった最強の刑事”大岩捜査一課長が、2018年以来2年ぶりに“毎週必ずホシを挙げる!”ために帰ってきます。

 これまで“大福”“最中”“チョコ”“ババロア”“羊羹”“和菓子”“餡子”と個性豊かな女性刑事が登場しましたが、今シリーズの初回では、若い世代に大人気の女優・三吉彩花さん演じる“芋おはぎ”の異名を持つ新人刑事が大活躍。あっと驚く仕掛けも満載です。謎解きのおもしろさはもちろん、視聴者のかたに元気になっていただけるような作品をお届けしますので、ご期待ください」

※女性セブン2020年4月23日号

関連記事

トピックス