国内

身近なコロナ感染リスク スマホは不潔、靴のウイルスは残る

スマートフォンを機器の中に入れるだけで滅菌が可能で、値段は120USドル。画像は商品購入サイトより

 新型コロナウイルス感染対策のため、不要不急の外出を控えるのはもちろんのこと、生活習慣を見直す必要もある。実際に、身の回りには感染の原因となりうるものもあるのだ。

 坂根Mクリニック院長の坂根みち子さんは意外な危険性を教えてくれた。

「持ち物の中で、圧倒的に汚れているのがスマートフォンです。机などに直置きするほか、さまざまな場所を触った手で操作するので、不潔だと考えるべき。アルコールや次亜塩素酸ナトリウムの消毒液などを布やコットンに含ませ、こまめに表面を拭きしょう」

 アメリカでは、タイム誌をはじめとする複数のメディアで、スマートフォンを介した感染の危険性が報じられている。その対策として、スマートフォンを滅菌するためだけのUV機器も販売され、人気だというから驚きだ。

 ウイルスの巣窟は足元にもある。3月25日付の英国版ハフポストが注意を呼びかけたのが、靴だ。記事によると、公衆衛生の専門家キャロル・ウイナー氏が、靴の上に付着したコロナウイルスは数日間生存可能だと指摘。また、救急医のクワンザ・ピンクニー氏は「靴底は靴の上部よりも多くの細菌やウイルスにとっての温床になる」と強調している。

 靴を履いたまま家に上がる海外ほどではないにせよ、日本でも玄関先で靴の汚れを落としたり、消毒したりして、家にウイルスを持ち込まないよう心がける必要がありそうだ。

 日本ではまだ気づかれていないが、海外ではすでに実践されている最新のコロナ対策。ぜひ取り入れてみてほしい。

※女性セブン2020年4月23日号

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン