芸能

水卜・山崎・椿原・弘中…“遅咲き”アナ達のホロ苦「1年目」

 近年、“遅咲き”でブレイクする女子アナが増えている。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏によると、「理由は、女子アナの人気の要因がアイドル性から個性重視に移っているから」だという。例えばテレビ朝日の弘中綾香アナが、そのかわいらしいルックスよりも、数年後に毒舌キャラで話題になったのがいい例だ。ここでは、丸山氏による“遅咲き女子アナ”4人のホロ苦い「1年目の通信簿」を紹介しよう。

◆日本テレビ・水卜麻美アナ(33)

今や大人気アナ

「新人時代は元気だけど地味という、当時の女子アナブームとは真逆のキャラでした。もともとのルックスは現在のようなふくよかな体型ではなく、ごくごく普通の新人アナでした。新人を終える直前に新番組『ヒルナンデス!』に抜擢されるまではここまでの人気アナになるとは予想できませんでした」

◆フジテレビ・山崎夕貴アナ(32)

エース級の活躍を続ける

「“女子アナらしくない”とイジられていますが、新人時代に『ヤマサキパン』に抜擢されるなど局からの期待度は実は高かったはず。たしかにフジらしさがなく目立ってはいませんでしたが、新人らしからぬ安定感あるMCをこなしていたし、今も変わらぬ“天真爛漫キャラ”は新人時代から確立していた。大器の片鱗は見せていたんです」

◆フジテレビ・椿原慶子アナ(34)

フジの椿原慶子アナはカトパンと同期

「同期のカトパン(加藤綾子)が派手で賛否両論あったのに対し、椿原さんは清楚なお嬢様アナとして老若男女問わず好かれていた印象。ただやはり印象は地味で、新人の秋に担当した『アナ★バン!』ではお色気シーンにも果敢に挑戦するなど方向性を模索した1年でした。その後、報道畑でキャリアを積み自らの道を見つけました」

◆テレビ朝日・弘中綾香アナ(29)

弘中綾香アナは今やテレ朝のエース

「入社試験時からフリートークが抜群に上手かったそうですが、『Mステ』に大抜擢されるも前任でミニスカが話題だった竹内由恵アナほど目立てず、“初々しい新人”の枠を出なかった。その後、『激レアさんを連れてきた。』で毒舌キャラが開花するまであのルックスにもかかわらず4年も“眠っていた”かなりの遅咲きです」

●取材・文/河合桃子 写真提供/ロケットパンチ

※週刊ポスト2020年5月1日号

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
ダイエット前の三谷アナ(写真/ロケットパンチ)
三谷紬アナ、10キロダイエット企画に「無理させすぎでは」と心配の声も 実は「バズり作戦」か
NEWSポストセブン
ダンディーな色気が増す中井貴一
中井貴一、佐藤浩市…活躍続ける“ネオカンレキ”俳優、「中高年の星」とは違う魅力
NEWSポストセブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン