芸能

『エール』、細部まで作り込まれた豊橋の関内家セットを全貌公開

音が住む豊橋の家はこうなっている

 現在放送中のNHKの連続テレビ小説『エール』。第4週では、古山裕一(窪田正孝)と関内音(二階堂ふみ)が音楽に導かれ、手紙を通して知り合うこととなった…。今作ではセットに対するこだわりがかなりのものだという。主人公・裕一が生まれた古山家のセットもすごいが、音が住む愛知県豊橋市の関内家もまた細部まで作り込まれている。

◆ハイカラなインテリアは母・光子の趣味

 音の家は、住居スペースと馬具店が隣接。父・安隆(光石研)亡き後も母・光子(薬師丸ひろ子)が商いを続けている『関内馬具店』は、軍に卸す鞍などを製作している。美術チーフの日高一平さんはこう話す。

「この時代、どんなふうに馬具を作っていたか不明な部分もあったので、北海道で昔ながらの手法で鞍を作っている馬具工房を取材させてもらいました」

 住居部分は、ハイカラな光子のキャラクターが反映されていて、和洋折衷。畳の上に絨毯を敷いた居間には、洋風の置物が飾られていて、その中には馬モチーフのものも。

 籐椅子が置かれたサンルームの床をタイル張りにするなど、細部まで作り込まれている。2階は、3姉妹の部屋。8畳ほどの和室をシェアしていて、それぞれ壁や窓を向いて座る配置となっている。

 机まわりの小物には性格が反映されていて、おしゃれ好きの長女・吟(松井玲奈)はかわいい雑貨を、文学少女の妹・梅(森七菜)はたくさんの本、そしてサッパリした性格の音はシンプルに。

「画面には映らないようなところにまでこだわりました。演じる俳優さんたちが驚いたり喜んでくれると、やりがいを感じますね」(日高さん)

 3姉妹の成長と共に変化していく小物も楽しめそうだ。

【1階・玄関】
 裕一と文通するようになった音は、毎日ポストをのぞくのが日課に。ちなみにこのポストは、馬具の職人が作って子供たちが馬の絵を描いたという裏設定があるとのこと。

 玄関に吊してあるのは、豊橋名物の手筒花火。使い終わったものを魔除け・厄除けとして軒下に置く風習があるという。

 馬具店と自宅共用の門はレンガ造り。パーゴラに植物をはわせるなど、洋風なエクステリアも取り入れている。音はここを通って学校や歌のレッスンへ。

【1階・サンルーム】
 レースのカーテンが掛けられたサンルーム。窓からは梅の木と、光子が丹精する花壇が見える。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン