国内

元民主・藤井裕久氏「立憲民主も国民民主も皆、頭が良すぎ」

元財務大臣の藤井裕久氏(時事通信フォト)

 政治がおかしい、政権がおかしい。皆がそう思っても、その声は届かない。首相は自らに賛同を示す「いいね」以外、受け付けないからだ。いま官邸に何をつきつけるべきか、元財務大臣で民主党の重鎮だった藤井裕久氏(87)が語る。

 * * *
 今の官邸はバランスを欠いている。官邸官僚が安倍総理が喜びそうな提案を露骨に行なっている。星野源とのコラボ動画やマスク2枚なんて最たるものでしょう。総理が喜ぶと思って、世論から大幅にずれた提案をする。偏っているのでコケるときは大コケになります。

 私も官邸官僚でした。佐藤政権と田中政権で官房長官秘書官を務め、岸政権では官房長官補の下で働いていました。当時の官邸官僚はバランス力のある役人ばかりで総理や官房長官を支えていた。

 しかし、今の官邸官僚はそうではない。偏った人、総理に近い人がなっているように思います。今、官邸が内閣人事局を牛耳り、官邸に都合の良い役人ばかりを集めているからです。役人の方も、官邸で働きたい者はそうしたアピールをする。

 この内閣人事局という構想は民主党が推進したもので、変な役人が偉くなるのを阻むことが目的でした。各省庁の官僚機構が、組織の改革を阻む、潰す、はたまた無暗に強権を振るう。それをさせてはならない。政治がリーダーシップを取れるようにという考えではあっても、決して、政治家が自分の思い通りに世の中を動かすためのものではなかった。

 今の安倍官邸は、内閣人事局を悪用して安倍総理の思想に合う政策運用を極端な形で行なっているということです。

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン