芸能

家ごもりGWはさんま主演『男女7人秋物語』を キャストに意外性

キャスティングの妙で芸能史に残る“元ご夫婦”

 自宅待機の中で時間を持て余す人も少なくないのではないか。その上、楽しみにしていた新ドラマの放送も延期となり、悶々とする日々──そんなあなたの心を満たすため、放送作家の山田美保子さんが「昔といまを見比べる」をテーマに過去の名作ドラマをセレクトした。

 今回はキャスティングの妙で芸能史に名前を残す『男女7人秋物語』を紹介。リアルタイムで見てないかたはもちろん、見ていたかたも再見必至です

【『男女7人秋物語』】
・TBS 1987年10月~
・出演:明石家さんま・大竹しのぶ・岩崎宏美・片岡鶴太郎 ほか
・主題歌:『SHOW ME』森川由加里
・脚本:鎌田敏夫
・あらすじ:恋人の桃子(大竹しのぶ)が渡米してから1年。良介(明石家さんま)は音信不通になっている彼女を待ち続けていた。ある日フェリーの中でアメリカにいるはずの桃子と偶然再会。しかし彼女の隣には男性の姿が。ショックを受けた良介は貞九郎(片岡鶴太郎)と新しい恋を見つけようとするが、桃子を思いきることができず…。以下、山田さんの解説だ。

 * * *
 いまでこそ、芸人さんがドラマで二枚目を演じるのは珍しくありませんが、その先駆けとなったのが、明石家さんまサン(64才)の『男女7人夏物語』(1986 年・TBS系)とその続編『男女7人秋物語』です。

 まだ、さんまサンとお仕事をしていない頃の作品なので、見ると何だか照れてしまいますが(笑い)、この2作のさんまサンは本当にカッコイイと思います。

 特に『~秋物語』は、視聴者の多くが応援していた「美樹」(岩崎宏美サン・61才)ではなく、すったもんだの末、「桃子」(大竹しのぶサン・62才)を選んだ「良介」(さんまサン)は素敵だったし、その後、プライベートで、おふたりが本当に結ばれてしまったのも、ドラマ史に残ることとなりました。別れちゃいましたけど(苦笑)。

 でも、いまも、さんまサンとしのぶサンは「さんちゃん、しーちゃん」の頃同様、素敵な関係。芸能史に残る“元ご夫婦”だと思います。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン