• TOP
  • 芸能
  • 家ごもりGWはさんま主演『男女7人秋物語』を キャストに意外性

芸能

2020.05.04 07:00  女性セブン

家ごもりGWはさんま主演『男女7人秋物語』を キャストに意外性

キャスティングの妙で芸能史に残る“元ご夫婦”

 自宅待機の中で時間を持て余す人も少なくないのではないか。その上、楽しみにしていた新ドラマの放送も延期となり、悶々とする日々──そんなあなたの心を満たすため、放送作家の山田美保子さんが「昔といまを見比べる」をテーマに過去の名作ドラマをセレクトした。

 今回はキャスティングの妙で芸能史に名前を残す『男女7人秋物語』を紹介。リアルタイムで見てないかたはもちろん、見ていたかたも再見必至です

【『男女7人秋物語』】
・TBS 1987年10月~
・出演:明石家さんま・大竹しのぶ・岩崎宏美・片岡鶴太郎 ほか
・主題歌:『SHOW ME』森川由加里
・脚本:鎌田敏夫
・あらすじ:恋人の桃子(大竹しのぶ)が渡米してから1年。良介(明石家さんま)は音信不通になっている彼女を待ち続けていた。ある日フェリーの中でアメリカにいるはずの桃子と偶然再会。しかし彼女の隣には男性の姿が。ショックを受けた良介は貞九郎(片岡鶴太郎)と新しい恋を見つけようとするが、桃子を思いきることができず…。以下、山田さんの解説だ。

 * * *
 いまでこそ、芸人さんがドラマで二枚目を演じるのは珍しくありませんが、その先駆けとなったのが、明石家さんまサン(64才)の『男女7人夏物語』(1986 年・TBS系)とその続編『男女7人秋物語』です。

 まだ、さんまサンとお仕事をしていない頃の作品なので、見ると何だか照れてしまいますが(笑い)、この2作のさんまサンは本当にカッコイイと思います。

 特に『~秋物語』は、視聴者の多くが応援していた「美樹」(岩崎宏美サン・61才)ではなく、すったもんだの末、「桃子」(大竹しのぶサン・62才)を選んだ「良介」(さんまサン)は素敵だったし、その後、プライベートで、おふたりが本当に結ばれてしまったのも、ドラマ史に残ることとなりました。別れちゃいましたけど(苦笑)。

 でも、いまも、さんまサンとしのぶサンは「さんちゃん、しーちゃん」の頃同様、素敵な関係。芸能史に残る“元ご夫婦”だと思います。

関連記事

トピックス