• TOP
  • ライフ
  • 高齢者の充実生活、ダイニングAIにより囲炉裏化計画を

ライフ

2020.05.05 07:00  女性セブン

高齢者の充実生活、ダイニングAIにより囲炉裏化計画を

卓上調理家電が高齢者の生活を支える(右上はレコルトの2Way Grill Amet)

 日々めざましい進歩を遂げる家電。高齢者の生活を支えてくれる一方で、高齢者の「使えない」が「やらない」に直結しがちなのもまた事実。長い高齢時代を快適に過ごすため、家電をどう活用していくかを家電コーディネーターの戸井田園子さんに聞いた。

◆洗濯機・冷蔵庫・炊飯器は従来タイプで自立を促す

「高齢者の生活に家電を生かすには“自立支援”と“楽になる”の二面から考える必要があります」と、戸井田さんは言う。最先端だから必ず役に立つとは限らないのだ。

「たとえば洗濯機。最新はドラム式洗濯乾燥機で洗剤自動投入機能付き。機能自体は便利でも、しくみが理解できないと“怖いから触れない”となりがちです。

 高齢者には、いままで通り洗剤を量って入れ、長年慣れたボタン操作から大きく変わらないものの方が、洗濯を自分の仕事として続けられる。つまり、自立を促せるわけです。

 洗濯機、冷蔵庫、炊飯器など身近なツールとして使いこなしてきたものは冒険せず、使っていたものと同じラインから選ぶのがおすすめです」

 また、これからの季節は、空気清浄、布団や衣類乾燥など、室内環境を整える家電も活躍。老親の操作のしやすさも重視して選びたい。

関連記事

トピックス