国際情報

新型コロナを「中国共産党ウイルス」命名の元教授逮捕で物議

歴史ある銭湯が危機に

コロナウイルスの命名が問題に

 中国では新型コロナウイルスの感染者が急速に減少しており、「抑え込み」に成功した、などと政府が誇示するような状況にある。そんななか、感染の拡大が分かった当初、湖北省武漢市などでコロナ禍の実情を隠蔽した習近平指導部を激しく批判し、新型コロナウイルスを「中国共産党ウイルス」と名指しした北京科学技術大学の陳昭志元教授が逮捕されたことが明らかになった。

 また、武漢市に住む女性作家、方方氏が武漢封鎖のほぼ3か月間の模様を記録した『武漢日記』と題する本について、当初は「文学性の高い記録」などと称賛していた中国当局が、この本が米国の大手出版社から発行されることが分かると一転して、方方氏を「売国奴」などと非難するなど強硬な姿勢に転じた。これらは新型コロナ問題が単なる疾病から、政治的、国際的な問題に変わりつつあることを示している。

 米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、陳氏は1月下旬、中国当局が新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために武漢を都市封鎖し、北京や上海などの大都市圏でも厳しい外出制限を敷くなどの措置についてネットで言及したという。

 内容は、「当局が情報を隠蔽したために起こったことであり、新型コロナウイルスは『中国共産党ウイルス』と呼ぶべきだ」などの過激なメッセージだった。

 北京の警察当局は4月14日、「社会不安を引き起こし、人心をかく乱した」などとして、陳氏を逮捕。陳氏は警察の取り調べに対して、それらの容疑を強く否定しているという。

 陳氏の弁護士はRFAに対して、「陳氏は現在、北京市内の北京市警察本部海淀拘置所に収容されているが、彼は68歳で、高血圧で脳卒中を起こしたほか、認知症にも苦しんでいる。健康上の問題をもあり、すぐに釈放すべきだ」と訴えている。

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン