芸能

指原莉乃の“ネット巧者”ぶり 記者もバランス感覚に感嘆

絶妙なトークスキルを発揮(時事通信フォト)

“コメンテーター・指原莉乃”の発言がまたも世間の注目を集めている。5月17日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、SNS上で巻き起こった「#検察庁法改正案に抗議します」運動が取り上げられた際、指原はこのように発言したのだ。少々長くなるが、引用したい。

「知っている人がそういうふうに広めてくれて、勉強する、関心を持つという点ではすごく良いなと思いました。自分も関心を持てたので。ただ、今回のTwitterで言うと、すごく簡単に表された(関係者の)相関図とかが拡散されて、ここまで大きくなったと思う。でも『本当にそれを信じていいのか?』とか。双方の話を聞いて勉強せず、偏ったものだけ見て、『そうだったの!? ヤバい! 広めなきゃ!』っていう人が今多い感じがする。正直この件に関しては、私はそこまでの信念がなかったので呟けなかった。(Twitterでファンから)『どう思うんですか?』みたいなのは来ていましたが、やっぱり私はそこまでの固い信念が持てるほど勉強していなかった。Twitterに投稿している人、みんながみんな勉強していないとは全く思わない。もちろん勉強した上で書いている人もたくさんいると思うんですが、もしかしたら、たったひとりが言っていることを信じて書いている人もいるんじゃないかと思っちゃいました」

 指原のこの発言に対して、ネット上では、「だんまりは検察庁法改正に賛成と同じ」「政権に都合のいい姿勢だ」「それなら勉強すればいいだけ」「政治は本来もっと気軽に関わっていいものだ」のような反論も寄せられた一方、「拡散されたものだけを信じていいのか?」という不安は多くの人々が共感できるものだったらしい。「冷静な考えだ」と称賛する声も相次いでいる。

「問題意識をもって拡散した人々を不勉強扱いしているようだ」と批判する声もあるが、あくまで指原は、「みんながみんな勉強していないとは全く思わない。もちろん勉強した上で書いている人もたくさんいると思う」とフォローしている。「様々な意見を知ってからではないと判断できない」という個人の考え自体は、それほど批判されるべきものではなく、むしろ非常に穏当なものではないだろうか(その“穏当さ”こそが「政権にとって都合がいい」と受け止められているのだろうが……)。

 HKT48時代は自身の恋愛スキャンダルを逆手にとったぶっちゃけ発言で話題になり、“炎上キャラ”で一気にブレークした指原だが、近年の言動を冷静に振り返ってみると、炎上どころか非常にそつがない。その“そつのなさ”が発揮された最たる例が、ダウンタウン・松本人志の「お得意の体を使って……」発言への対応だろう。

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン