芸能

コロナ後のドラマ事情、フジは石原さとみより深田恭子を優先

石原さとみは同じ事務所の深田恭子と…

 緊急事態宣言が解除され、テレビドラマの撮影が徐々に再開している。しかし、話は単純ではないようだ。

「もともと各テレビ局は、東京五輪があるため、7月スタートの夏ドラマの苦戦を予想していました。そこで夏ドラマは話数を減らし、その一方で春ドラマに力のある作品を揃え、話数を増やして臨んだ局もありました」(テレビ局関係者)

 春の大作として用意されていたのは、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、『SUITS2』(フジテレビ系)、『半沢直樹2』(TBS系)、そして『BG~身辺警護人~2』(テレビ朝日系)だ。ところが五輪は延期され、春ドラマの撮影スケジュールは新型コロナの影響で、大幅に延期。いまだ放送が始まっていないドラマも多い。

「基本対応としては、春ドラマの話数を大幅に減らし、夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋でしょう。ただ、力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネ。夏ドラマが大幅に話数を削られたり、最悪の場合、放送が見送られるドラマもあるそうです」(前出・テレビ局関係者)

 こうした再調整が、ある一面を際立たせることになったと話すのは、ある民放テレビ局の編成スタッフだ。

「優先されるドラマ、後回しされるドラマが浮き彫りになりました。スケジュールの都合もあるでしょうが、出演者の格も大きな要因となります。今回のコロナショックで、図らずも“女優の序列”がバレてしまったといいますか…異例のことです」

 本誌・女性セブンは現段階で予定されている各局のドラマスケジュールを入手。そこからは視聴率最優先の超シビアな調整の結果が透けて見える。誰が優先され、誰が割を食ったのだろうか。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン