芸能

コロナ後のドラマ事情、フジは石原さとみより深田恭子を優先

石原さとみは同じ事務所の深田恭子と…

 緊急事態宣言が解除され、テレビドラマの撮影が徐々に再開している。しかし、話は単純ではないようだ。

「もともと各テレビ局は、東京五輪があるため、7月スタートの夏ドラマの苦戦を予想していました。そこで夏ドラマは話数を減らし、その一方で春ドラマに力のある作品を揃え、話数を増やして臨んだ局もありました」(テレビ局関係者)

 春の大作として用意されていたのは、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、『SUITS2』(フジテレビ系)、『半沢直樹2』(TBS系)、そして『BG~身辺警護人~2』(テレビ朝日系)だ。ところが五輪は延期され、春ドラマの撮影スケジュールは新型コロナの影響で、大幅に延期。いまだ放送が始まっていないドラマも多い。

「基本対応としては、春ドラマの話数を大幅に減らし、夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋でしょう。ただ、力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネ。夏ドラマが大幅に話数を削られたり、最悪の場合、放送が見送られるドラマもあるそうです」(前出・テレビ局関係者)

 こうした再調整が、ある一面を際立たせることになったと話すのは、ある民放テレビ局の編成スタッフだ。

「優先されるドラマ、後回しされるドラマが浮き彫りになりました。スケジュールの都合もあるでしょうが、出演者の格も大きな要因となります。今回のコロナショックで、図らずも“女優の序列”がバレてしまったといいますか…異例のことです」

 本誌・女性セブンは現段階で予定されている各局のドラマスケジュールを入手。そこからは視聴率最優先の超シビアな調整の結果が透けて見える。誰が優先され、誰が割を食ったのだろうか。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン