• TOP
  • ビジネス
  • 茨城空港のTokyo騒動に県民「”だっぺ空港”の方が魅力的」

ビジネス

2020.06.09 07:00  NEWSポストセブン

茨城空港のTokyo騒動に県民「”だっぺ空港”の方が魅力的」

有識者案を却下した大井川和彦・茨城県知事(時事通信フォト)

有識者案を却下した大井川和彦・茨城県知事(時事通信フォト)

◆有識者の「答申」よりも県民の「誇り」を選んだ県知事

 有識者会議の最終答申を県知事がひっくり返す結果となった、今回の空港愛称問題。なぜ、こんなことになったのか。

 ひとつは県が実施したパブリックコメントで反対論が多かったことが要因。県の空港対策課に確認したところ、60件のパブコメが集まった。その内容はまだ公開されていないが、「東京に非常に近いという誤解を与える」「東京の名を冠するのはいかがなものか」など否定的意見が目立ったという。

 さらに、有識者会議の最終案が報じられた直後から、ネット上でも批判的な意見が相次いだ。パブコメ、ネットという民意が知事の決断につながったのだろう。愛称を発表した6月5日の会見で大井川知事は「東京」を外した理由についてこう語っていた。

「(パブコメなどで)『県民の誇りはないのか』などほぼ反対一色だった。県民の反対を押し切ってまで『Tokyo』を付けるべきなのか。今の状況では、(東京を付けない)この名称がふさわしいと判断した」

 どこかの政治家と違って、大井川知事はちゃんと民の聞く耳を持っているようだ。

 実際、5月下旬に「東京茨城国際空港」案が報道されて以降、ネット上には反対論、失望論が相次いでいた。

「あとで困るのは現場。何で東京? 茨城は東京なの?」
「このネーミングには無理がある。県外の有識者に委託するほどのことでもないと思う」
「東京の名の力を借りる前提など情けなさすぎる。茨城県としての誇りはないのかね」
「もう少し自分の土地に自信と愛着を持ったらどうだろう」
「tokyoの愛称を付けるのであれば、東京と茨城空港直結路線を作ることが必要不可欠。千葉県の某夢の国も東京名が付いていますが、舞浜駅があり利便性がいい」

関連記事

トピックス