• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラ『エール』、役にシンクロした唐沢寿明と窪田正孝の絆

芸能

2020.06.12 16:00  NEWSポストセブン

朝ドラ『エール』、役にシンクロした唐沢寿明と窪田正孝の絆

朝ドラ『エール』主演の窪田正孝を高く評価する唐沢寿明

 窪田正孝(31才)主演のNHK連続テレビ小説『エール』。作曲家・古関裕而氏とその妻をモデルに音楽に生きた夫婦、そして夫婦を取り巻く人々の姿が描かれている。前半のクライマックスに近づくなか、窪田演じる古山裕一とその父親・三郎を演じる唐沢寿明(57才)の親子役に注目が集まっている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 6月8~12日に放送された第11週「家族のうた」では、主人公の古山裕一(窪田正孝)がひさびさに故郷・福島へ帰り、疎遠になっていた父・三郎(唐沢寿明)、母・まさ(菊池桃子)、弟・浩二(佐久元宝)との関係を修復する様子が描かれました。

 三郎は胃がんを患っているにもかかわらず、裕一にゆかりのある顔ぶれを集めて大宴会を行うなど、幼いころから変わらない愛情たっぷりの姿を披露。クライマックスとなる12日放送の第55話では、「三郎が長男・裕一と次男・浩二の不仲を解消するために、優しい言葉をかけたあとに息を引き取る」というシーンがあり、視聴者の涙を誘いました。

 視聴者を涙ぐませたのは、単に「唐沢さんの演技力が優れているから」という理由だけではありません。朝ドラ主演という大役を務める窪田さんを思う唐沢さんの愛情と二人の絆があり、それは放送開始前から随所に表れていたのです。

◆デコボコバディで培った信頼関係

 唐沢さんは放送前に行われた取材会の第一声で、「父親役の三郎をやらせていただきます唐沢もんざえもんです」と真顔でボケて、すかさず窪田さんが「よーっ!」と合いの手を入れるひと幕がありました。

 唐沢さんと窪田さんは2015年、2016年に連ドラが放送され、2017年に映画が公開された『THE LAST COP/ラストコップ』(Hulu、日本テレビ系)で共演。「昭和の型破りな熱血刑事と、現代っ子で小心者の若手刑事」というデコボコバディを長きに渡って組んでいたこともあって息ピッタリなのです。

 放送前の取材会で窪田さんへのコメントを求められた唐沢さんは、「(窪田くんが)やっとNHKの看板をしょってやることになってうれしいです。窪田くんはこれを機にもっともっと主演をやっていかなければいけない年代でもありますから応援していきたいですね」と愛情たっぷりに語りました。

 深読みすれば、「今は主演をどんどんやるべき年代だから応援したい」という気持ちだけでなく、「いずれ僕のように朝ドラの父親役もやると思うから見ておいて」と手本を見せているようにも見えました。だからこそ11週で見せた唐沢さんの演技は、窪田さんにとって印象深く、視聴者にとっても感動的なものだったのではないでしょうか。

関連記事

トピックス