• TOP
  • 国内
  • 9月総選挙の注目ブロック 東京はれいわ旋風、東海は乱戦

国内

2020.06.23 07:00  週刊ポスト

9月総選挙の注目ブロック 東京はれいわ旋風、東海は乱戦

■中国ブロック「河井氏出馬なら自民ショック」
 自民党が強い地盤を誇る中国ブロックの焦点は河井克行・前法相と案里夫妻(ともに現在は離党・逮捕)の地元の広島だ。検察の捜査で自民党のイメージが大きくダウンしている上、河井克行氏が起訴されても無罪を主張して出馬した場合、自民はブロック全体で票を減らすことになりそうだ(河井案里氏は参議院議員)。

 議席予想では、自民党は56議席減の大惨敗で228議席に減らし、単独過半数を割り込む可能性が高い。公明党も29議席から26議席に減少。こうした批判のうねりが全国に広がれば、自公は予測よりさらに議席を減らす可能性もある。

 破れかぶれ解散の後、安倍首相は惨敗の責任をとって「レガシー」を残せないまま8年間の長期政権を終えて退陣へ。そして自民党総裁選でポストコロナ時代の新しい総理選びと政治の枠組みづくりが始まるはずだ。

※週刊ポスト2020年7月3日号

関連記事

トピックス