• TOP
  • 国際情報
  • コロナでみかじめ料減ったマフィア 2.6兆円大富豪の誘拐失敗

国際情報

2020.06.24 07:00  NEWSポストセブン

コロナでみかじめ料減ったマフィア 2.6兆円大富豪の誘拐失敗

 何氏は中国有数の富豪でありながら、メディアにはほとんど登場しておらず、「目立とうとしない億万長者の1人」(BBC)と呼ばれている。資産は推定248億ドル、中国6位の大富豪で、米経済誌フォーブスの2020年世界富豪ランキングでは36位だ。

 警察の調べによると、この5人組は地元、仏山のマフィアの構成員で、新型コロナウイルスの感染拡大で、バーやクラブなどからのみかじめ料が少なくなったことから、地元の名士である何氏の誘拐を思いつき、犯行に及んだという。

 これについて、ネット上では「コロナ禍による経済停滞で、犯罪に手を染める輩が増えたということだ。それにしても、最新式の警備システムを導入している邸宅に忍び込むなんて、あまりにも無謀で最低な誘拐計画だ」などの意見が書き込まれている。

関連記事

トピックス