• TOP
  • ライフ
  • 深刻な日本人の睡眠負債 日本だけで年間15兆円の経済損失

ライフ

2020.06.27 16:00  女性セブン

深刻な日本人の睡眠負債 日本だけで年間15兆円の経済損失

睡眠が充分にとれなかったり安定しなかったりすると…(写真/GettyImages)

 約2か月間続いた外出自粛要請によって、生活リズムが乱れた人も少なくない。東京都在住の会社員・伊藤あき子さん(52才・仮名)もそのひとりだ。

「緊急事態宣言が解除されてからも、テレワークが中心です。通勤時間がなくなった分、朝寝坊しているせいか、仕事と家事に追われてかなりの“夜型生活”に。睡眠時間は以前と変わらないはずなのに、先日は大事なネット会議中についウトウト…。なんだか最近、常に眠くて、体もだるい気がします」

 ただの眠気だとあなどってはいけない。あなた自身や周囲の人間に死をもたらすほどの重大リスクが隠れているかもしれないのだ。

◆“抗えない居眠り”が死に至る大事故に

 慢性的な睡眠不足が続くと、私たちの体はどうなるのか。米スタンフォード大学医学部精神科教授で、『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)の著者、西野精治さんが解説する。

「長期にわたって不足した睡眠のことを“睡眠負債”と呼びます。借金を重ねるのと同じように、睡眠不足が続いて“返済”できないと、自覚のないままに心身に大きなダメージを与えます」(西野さん・以下同)

 睡眠負債がたまると、無意識のうちに瞬間的に居眠りをする「マイクロスリープ」という現象が起こる。

 マイクロスリープとは、自分でも気づかない間に1~10秒ほどの居眠りをして、意識が飛ぶ現象のこと。3~4日ほど睡眠不足が続くと起こりやすくなる。

「“強制的に脳を休ませる”という防衛反応なので、自分の意思では止められません。多くの場合、“ウトウトしてしまった”という自覚すらなく、目が覚めてから“いま、居眠りをした”という実感すらないのが特徴です。たとえば、車の運転中にマイクロスリープが起こると、大事故につながってしまいます」

 事実、原因不明の事故の多くは、マイクロスリープによるものだといわれている。

 たとえば、1989年にアラスカ沖で発生したエクソン・バルディーズ号原油流出事故は、運転していた航海士のマイクロスリープが原因だという説が有力だ。“抗えない居眠り”により、4万キロリットル以上の原油が海に放たれたのだ。

関連記事

トピックス