• TOP
  • スポーツ
  • 羽生結弦 開催見合わせの「プラネタリウムショー」の全容

スポーツ

2020.07.19 07:00  女性セブン

羽生結弦 開催見合わせの「プラネタリウムショー」の全容

 特別プログラムとは、東日本大震災の当日、2011年3月11日の星空を再現するというもの。宮城・仙台出身の羽生選手もリンクで練習中に被災した。その日の夜、彼は寒さの中で空を見上げていた。

「テレビ番組の企画で、当時過ごしていた避難所を訪れたことがあります。そのときに思い詰めるように語っていたのが、その日の星空のことでした。大規模な停電により街から明かりが消えたことで、皮肉なことに星がとてもきれいに見え、昔の人はこんな夜空を見ていたのだろうかと思いを馳せたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 この原体験ともいえる夜空が、夏に東京で再現されるはずだったが、新型コロナの影響で開催は見合わせに。

「羽生さんの強い希望もあって計画されたチャリティーイベントでした。中止ではなく、延期だと聞いています。コロナ禍が克服されたとき、必ず開催されるはずです」(前出・イベント関係者)

 その夜空を見上げる日が待ち遠しい。

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス