• TOP
  • 国際情報
  • 中国で深刻な食糧不足の予測 都市化と高齢化に加え貧困化も

国際情報

2020.08.29 07:00  NEWSポストセブン

中国で深刻な食糧不足の予測 都市化と高齢化に加え貧困化も

 これについて、ネット上では「李首相は月収1000元の人々は6億人と言ったが、実際には1000元の収入にも満たない人の方が多い。多くの農家の収入は月に1000元にも届かない」「私の実家も田舎に親戚がいて、出稼ぎに行かないと月1000元を稼ぐのは不可能というのが実態だ」などとも声が出ている。

 習近平国家主席は20017年、20年までに、すべての貧困地域と貧困層を「小康(生活できる普通の状態)社会」に移行させる方針を打ち出し、2018年にも「2020年までに貧困の完全解消」を再び提唱したが、今年に入っても、この目標を達成できていない。

 このため、ネット上では「説明責任を恐れ、経済データを偽装する地方政府や公務員がいる」や、「農村部では若い人々は出稼ぐに出ており、老人と子供しか残っていない。月収が100元にも達していない絶対貧困層の大半は老人と子供の世帯だ」などの書き込みがみられる。

関連記事

トピックス