• TOP
  • 芸能
  • 石橋貴明に再び脚光 テレビの企画がYouTubeから生まれる時代

芸能

2020.08.31 07:00  NEWSポストセブン

石橋貴明に再び脚光 テレビの企画がYouTubeから生まれる時代

ついにYouTubeデビューした石橋(画像/YouTubeより)

 とんねるずの石橋貴明が8月30日、NHKの『サンデースポーツ2020』に生出演した。石橋がNHKに出演するのは、2000年大晦日の『紅白歌合戦』以来、実に20年ぶりとなる。

 石橋は今年6月にYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を開設すると、2カ月あまりで120万人以上の登録者を抱える人気ぶり。同チャンネルでは、様々な企画動画の他、1週間のプロ野球の試合をマニアックに振り返る動画を毎週月曜日、コンスタントにアップしている。エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「石橋さんは、芸能界屈指のスポーツファンで、『MLB主義』(TBS系)や『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)など、多くのスポーツ番組も担当してきました。しかし、最近はスポーツに関する奥深い見識を披露する場が激減。そんななか、YouTubeに進出すると、専門家も舌を巻くほどの野球に対する知識を改めて発揮。実際の映像がないにもかかわらず、さすがの話術で、それまで野球に興味がなかったファンも虜になるほどでした。

 さらに、企画名として『貴ちゃんスポーツ2020』などと言っていたことも、タイトルが似ている番組をもつNHKの目にとまり、出演に至ったという形でしょう」

 有名人のYouTube進出が激増している昨今。YouTubeが“テレビ化”していると言われると同時に、YouTubeにアップされた動画をきっかけに、そのタレントがテレビ番組に出演するというケースも少なくない。

「有名人のYouTubeチャンネルは、テレビのスタッフを起用しているケースも多く、演出面においては“YouTube的”ではなく、“バラエティー番組的”なことも多い。『とんねるずのみなさんのおかげでした』などを手がけたマッコイ斉藤氏が演出している『貴ちゃんねるず』はまさにその形です。

 一方で、幅広い視聴者をもつYouTubeでは、テレビ番組ではなかなか成立しづらい企画も多く、これまで見えにくかったタレントの魅力を発見できる可能性も高い。そういう意味では、芸能人のYouTubeは、テレビの制作スタッフにとって格好の“ネタ探しの場”になっているといえるでしょう」(大塚氏・以下同)

 EXILE NAOTOは、今年6月に自身のYouTubeチャンネル『EXILE NAOTO オネストTV』で、瑛人『香水』に合わせてオリジナルのダンスを披露する動画を公開。その後、8月26日放送の『2020 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)では、瑛人とNAOTOのコラボレーションが実現した。NAOTOはYouTubeにて、動画がきっかけで出演が決まったことを報告しており、これも“YouTube発のテレビ企画”といえる。

「たとえば、最近『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、エハラマサヒロさん家族による料理企画やキャンプ企画がよく放送されていますが、これなどはエハラさんが家族でYouTubeチャンネルをやっているからこその “YouTube発のテレビ企画”です。番組スタッフとしては、エハラさんのチャンネル視聴者にも番組を楽しんでほしいという思いもあるでしょう」

関連記事

トピックス