大人の対応こそが問われる

 そう、あだ名=イジメではない。問題は、イジメの道具としてあだ名をつかう人間の存在にあるのであって、そのあだ名に人を攻撃するような気配があったならば、それがイジメとして使われていないかどうか、教師をはじめとした大人やまわりの子供たちがいち早く気づき、イジメだったら素早く介入する、そうした体制を取ることが肝心なのだ。

 こんなツイートもあった。

〈#あだ名禁止 #さん付け は、 「子供を守るため」というより、「先生を守るため」なのでは? 万一、イジメ自殺が学校で起きた場合、先生はイジメと分かるような「あだ名」がなかったか責任追求される。あだ名って、いじめられてるかどうかの大きい指標だし〉

 指標でもあるあだ名を禁止してしまったら、イジメはより地下に潜り、発見しづらくなるともいえる。ある子がつけられたあだ名を嫌がっていたら、その気持ちを他の子らに理解させ、人の嫌がることはやってはいけないという当たり前のモラルを具体的に身につけさせる。それも学校や教師の重要な仕事ではないか。なのに、あだ名禁止で表面的に問題をないものにしてしまったら、それは強く批判的に言うなら、学校教育の放棄に相当する愚行ではないかと私は思う。

ブタゴリラ、ゴリライモ、ブー太郎

 あだ名はイジメと親和性があるが、本来は、もっと温かいものだ。

 私は、小学校3年生のときにはじめてあだ名をつけられたのだが、それは「キズ」というものだった。遊んでいる最中に家の壁の釘で目の下を割いてしまい、4針ほどの縫い傷がけっこう目立つ形で残った。それを指して「キズ」である。

 ずいぶん残酷なあだ名をつけられたと思われるかもしれないが、私はそう呼ばれるようになって嬉しかった。キズ自体がちょっとブラックジャックみたいでカッコいいかも、といういかにも男子な受け止め方を勝手にしていたこともあるが、なによりもそれまで「オバタ」と苗字でしか呼ばれたことがなかったのが、あだ名で呼ばれるようになり、「あだ名のある人たちの仲間に入れてもらえた」と感じられて嬉しかったのだ。

 あだ名は親近感の指標でもある。だから、アメリカ人などは、初対面の相手に対し、「Call me Mike!」といった具合に、自分からニックネームの使用を要求してくる。その習慣のない日本人の私からしたらやや気恥ずかしいのだが、まあ、郷に入っては郷に従えで「Call me Kazu!」と言ってみると、これが意外と自分の胸襟を開く効果があって、そこからのコミュニケーションがずっと楽しくなったりする。

 親近感の効果は、日本のマンガやアニメがずっと昔から意識的に活用してきたものでもある。ぱっと思い浮かぶだけでも、『キテレツ大百科』の「ブタゴリラ」、『ど根性ガエル』の「ゴリライモ」、『ちびまる子ちゃん』の「ブー太郎」、『はじめの一歩』の「ゲロ道」……と、酷いあだ名がずらずら出てくるが、それらはイジメで使われているわけではない。子供世界の親しさの表現なのである。ちなみに、ブタゴリラは誰か友達につけられたあだ名ではない。ブタゴリラは、熊田薫という名前が女の子のようで嫌だから、自分で周りにそう呼ばせている。

 ポリティカル・コレクトネス的にいかがかと思われるものであっても、使い方、使われ方で、あだ名の意味合いはいくらでも変わってくる。温かく、楽しいものになりえる。そういう「文化」を、安易に禁止してはいけない。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン