芸能

オール巨人に聞いた「天才漫才師・上沼恵美子」論

オール巨人から見た芸人・上沼恵美子とは

オール巨人から見た芸人・上沼恵美子とは

 お笑いの世界は“男社会”だが、そんな中で1970年代から、なぜ上沼恵美子は絶大な人気を誇ったのか。その芸を見てきたオール巨人が語る。

 * * *
 芸人人生の中で、僕がこの人は天才やな~と思った人物は3人いまして。先輩の上岡竜太郎さん、同期の紳ちゃん(島田紳助)、そして、上沼恵美子さん。上沼さんは中学卒業と同時に漫才コンビ「海原千里・万里」の海原千里としてデビューしているんですけど、そのときから漫才がめちゃくちゃうまかった。しかも、すっごいかわいくてね。大阪では、アイドル並みの人気だったんです。僕も大ファンで、デビュー前だったので、上沼さんが所属する事務所に入りたいと思ったくらい。

 歌も抜群にうまい。昔、『ザ・ベストテン』という漫才があって、順位を発表しながらモノマネをするわけです。山口百恵さんだったら、山口百恵さんの真似をして歌いはる。それがよう似てるし、本人を誇張しながら笑いを取るのがおもろかったなぁ。

 また、トークがすごいでしょう。昔、NHKのバラエティー番組『生活笑百科』に一緒に出ていたことがあるんです。当時、上沼さんは、ラジオの仕事を終えて、ギリギリでスタジオ入りしていました。リハーサルはまったくなし。他の出演者はその前にちゃんと打ち合わせをしているのに、何にもしてない上沼さんがいちばんおもしろい。上沼さんの定番ですけど、「私、大阪に別荘を持ってますねん」っていう冗談があるんです。「ちょっと広いから掃除はダスキンに頼んでるんです。大阪城って、みなさん、ご存じでしょう。あれ、うちのもんやねん」と。お客さん、大爆笑ですから。

 最近は僕と一緒に『M-1グランプリ』の審査員をやっているので、上沼さんの存在が今まで以上に知れ渡るようになりました。毎年、必ず上沼さんに酷評される芸人がいて、僕はよう知らんけど、ファンの間では「上沼怒られ枠」と呼ばれているそうです。厳し過ぎるという向きもあるようですが、関西の人からしたら、いつもの上沼さん。歯に衣着せぬというか、忖度は一切なし。関西の人間は、そんな上沼さんが好きなんです。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン