• TOP
  • 芸能
  • Zeebraのケースから見る 不倫夫と別れる時の「方程式」

芸能

2020.11.14 16:00  女性セブン

Zeebraのケースから見る 不倫夫と別れる時の「方程式」

不倫旅行を撮られたZeebra

不倫旅行を撮られたZeebra

 不倫を報じられたラッパーZeebraが、妻との離婚を発表した。不倫報道があっても、離婚しない夫婦もいるなか、どうしてふたりは離婚を選択したのだろうか? 放送作家の山田美保子さんが分析します

 * * *
 8月、肩をあらわにしたスタイル抜群の女性と密着したり、神奈川県・葉山町の高級リゾートに不倫旅行したりしている様子を写真週刊誌に撮られていたカリスマラッパーのZeebraさん。

 さらに10月下旬には自身の別宅マンションに同じ女性と帰宅する姿を同じ週刊誌に撮られたことからミョーな踏ん切りがついてしまったのか、11月2日、妻の中林美和サンとの離婚を発表なさいました。

 余計なお世話ながら、8月の時点では『バイキング』(フジテレビ系)で、離婚決定後は『バイキングMORE』(同)で“専門家”として解説させていただいた私。レギュラー陣の反応はというと、おぎやはぎの小木博明サン(49才)と矢作兼サン(49才)は、「だってZeebraだよ」「ラッパーだよ」と、職業、キャラクターを理由に、不倫を容認しているかのようでした。

 加えて、現在、『恋する母たち』(TBS系)にご出演中の矢作サンは、不倫に鈍感になってしまっているのかも? 思えばZeebraさんの不倫相手の大胆さは、『恋する~』で仲里依紗サン(31才)に悪さをする森田望智サン(24才)のようでもあります(苦笑)。

 果たして『バイキングMORE』になってからも、(ラッパー不倫容認)説を覆さない小木サンと矢作サン。さらに新レギュラーのカンニング竹山サン(49才)は、もともとヨソの夫婦のゴタゴタに関して「興味がない」と断言されているからか、終始憮然とされていてコメント少なめでした。

 が、ゲストの高橋みなみサン(29才)だけは違いました。たかみなチャンは、中林サンとZeebraさんが結婚式を挙げたといわれる地・葉山での不倫を許せない私に同調。Zeebraさんが離婚発表後、「こんな父親でも貶されるのは辛いと言ってくれる優しい娘の気持ちを汲んで」とツイート(現在は削除)したことについても、「『何を言われても大丈夫』と言ってもらった方がよかった」と言い切ったのでした。

 実はZeebraさん、8月の不倫報道直前、『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)に出場し、全問正解で賞金を獲得されました。その際、出演を決めた理由を「5月に生まれた孫のため」とし、いいおじいちゃんをアピール。前妻との間に生まれたご長男がパパになっていたのです。ちなみに、ご長男は結婚式の際、継母の中林サンに、お手紙で感謝を伝えたのだとか。

関連記事

トピックス