• TOP
  • 芸能
  • グラドル撮影会戦国時代 人気の秘訣は心通わす“ファンミ”

芸能

2020.11.14 16:00  NEWSポストセブン

グラドル撮影会戦国時代 人気の秘訣は心通わす“ファンミ”

ニコ生公開放送では毎月イベントも実施している

ニコ生公開放送では毎月イベントも実施

「主に私がTwitterなどで呟いた内容を見てくれていて“あの時、こんなことツイートしてたね”と話を振って下さることが多いですね。そもそもSNSは“こんなことに興味がある”とか“今日はこうだった”って呟くことで自分をアピールする、そしてツッコミを入れてもらう場だと思っています。ファンミーティングは握手会イベント以上にモデルと話せるとファンからも好評ですね」

 撮影会会場の雰囲気は和気あいあいとしているという。

「実は最初の頃は辛くて嫌で辞めたくてしょうがない時期もありました。表情を作って体を絞って身ひとつで戦うのって大変だし、馴れ馴れしく話しかけてくる人もいたりして。

 でも、ずっと女優になることが夢でやってきた私にとって、写真を撮っていただくことに慣れること、ポージングや表情の作り方など表現力を身につける上で、もっとも自分を成長してくれたお仕事でしたね。ファンの皆さんは、そんな私を暖かく見守ってくれる方々ばかりで、ものすご~く和気あいあいとしていますね」

ファンミーティングはスタジオの外で実施されることもある

ファンミーティングはスタジオの外で実施されることもある

 撮影会の醍醐味の感じ方は、人それぞれだ。純粋に女性の写真を上手に撮りたい、モデルと相談しながら良い写真を撮影する練習の場になる、相手と心を通わせたい──。理由はどれでもいい。あなたも、お気に入りのグラドルのメモリアルな一枚を捉えてみてはいかがだろか。

【プロフィール】天野麻菜(あまの・まな)/1991年 10月 14日生まれ、大阪府出身。身長161cm、B87・W56・H86。Twitter【@akaringo_mana】11月15日にソロ撮影会と「天野麻菜のビール女子会。」を開催、詳しくは『グラ☆スタ!』公式HPにて(http://gra-sta.com/)。

関連記事

トピックス