• TOP
  • 芸能
  • 山下智久を海外進出に向かわせた、バラエティー番組とは

芸能

2020.11.22 11:00  女性セブン

山下智久を海外進出に向かわせた、バラエティー番組とは

ジャニーズファンは落胆(時事通信フォト)

所属アーティストの海外進出はジャニーさんの悲願(写真/時事通信フォト)

 ジャニーズ事務所を退所した“山P”こと山下智久(35才)。海外進出するといわれる山下だが、決断の背景に何があったのか? 放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *

バラエティー番組への熱が低かった山下クンを変えた“英語”

「どんな未来が待っているのかはわかりませんが、1人でも多くの方の心に火を灯せるような、そんな存在にいつかなれるように前に進み続けていきたいと思います」

 10月31日にジャニーズ事務所を「退所していた」山下智久クンが、11月12日、自身のインスタグラムに綴った文言の一部です。山下クンは、「この3か月という期間に僕自身の行動についてしっかりと向き合い、今までの事これからの事を改めて深く考えた結果」事務所を離れる決断をしたとも綴っています。

“この3か月”とは、未成年女性と飲酒を共にしたことと、そのまま“お持ち帰り疑惑”を指しています。あれから、当該女子高生が、年齢を偽っていたことを“謝罪”した後、所属事務所から解雇されていたこともわかり、インスタも削除されました。

 一説には、“あの日”、山下クンが亀梨和也クンと会っていたのは、「亀と山P」の今後について、前向きな話し合いをするためだったともいわれているだけに、例の女子高生との“出会い”が多くのことを狂わせ、結果、山下クンが決断するに至ったようにも思います。残念です。

 そんな山下クンのプロフィールを振り返っていたら、「そうだった。仕事をご一緒していた」ことを思い出しました(汗)。『ジェネレーション天国』(フジテレビ系)です。2013年から2014年にかけて、1年ちょっとしか続かなかったのと、MCでありながら、山下クンが少々居心地悪そうにしていらしたこともあり、記憶から飛んでいたのです。失礼をお許しください。

 当時MC席に並んでいたのは今田耕司サン(54才)と、新人アナウンサーながらバラエティーの才能が開花し始めていた同局の山崎夕貴アナウンサー(33才)。パネラーとして、ジャニーズの後輩たちが出演したり、当時、山下クンとチーフマネジャーが同じだったSMAPの中居正広クン(48才)や草なぎ剛クン(46才)、香取慎吾クン(43才)も何度か出演してくれたものです。

関連記事

トピックス