スポーツ

巨人悪夢の4連敗を生んだ原采配 亀井善行へのこだわりも裏目

ベテランの復帰も起爆剤とはならなかった(亀井善行。時事通信フォト)

ベテランの復帰も起爆剤とはならなかった(亀井善行。時事通信フォト)

 成功体験とこだわりが、通算1096勝の原辰徳監督の勘を狂わせたのかもしれない──。2020年の日本シリーズは、ソフトバンクが巨人を4連勝で倒し、4年連続日本一を達成した。4試合を通じて、巨人がリードしたのは第4戦の1回表に1点を先制した時のみ。しかも、その裏にすぐ逆転され、2回にも追加点を許したため、ファンは勝利の希望さえ見えなかったのではないか。

 過去10年でセ・リーグは1回しか日本一になっておらず、この4年はソフトバンクの圧倒的な強さばかりが目立っている。野球担当記者が話す。

「1軍投手のほとんどが150キロを超えるソフトバンクの投手陣に巨人打線は全く歯が立たなかった。力の差は明らかでした。ただ、選手の力だけでなく、原監督の選手起用にも疑問があったのではないか。中でも、“秘蔵っ子”の亀井善行に拘泥した感は否めません」(以下同)

 原監督は2006年に第2次政権が始まった時から亀井に期待を掛け、何度もチャンスを与えていた。2009年には自身が監督を務めるワールドベースボールクラシックの代表選手にも選出している。その影響もあってか、同年に亀井は初めて規定打席に到達し、打率2割9分、25本塁打、71打点とブレイクした。だが、以降はレギュラーの座を死守できず、36歳の一昨年、ようやく2度目の規定打席超えを果たした。

「昨年、原監督が復帰し、亀井は1番や5番を任され、陰のMVPとも言われる活躍を見せました。今年の序盤も、どの打順もこなし、代打で勝負強い打撃を見せる亀井の存在が大きく、数字以上に優勝への貢献度は高かった」

 亀井は9月下旬に左足内転筋を痛めて戦列を離れ、残りのシーズンを棒に振った。亀井に加え、セットアッパーの中川皓太や大竹寛が離脱した影響もあり、巨人は終盤に失速、10月、11月を負け越した。他の5球団の追い上げがなかったため、セ・リーグ連覇を果たしたが、チームは失速したまま、日本シリーズを迎えていた。

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン