国内

眞子さまの「お気持ち」文書 小室家借金帳消しの援護射撃に

ご結婚問題に大きな進展(昨年7月、ボリビアにて。時事通信フォト)

ご結婚問題に大きな進展(昨年7月、ボリビアにて。時事通信フォト)

 秋篠宮さま(55才)の表情は硬く、重々しい空気をまとっていた。「大一番」の舞台を前にした緊張とも取れなくないが、間近にいた関係者は、ある違和感を抱いたという。11月2日、「立皇嗣の礼」のリハーサルのときだ。

「秋篠宮さまが“主役”の儀式ですから、緊張はあっても晴れやかな表情を浮かべられると思っていました。ですが、実際はどこか納得のいかないような憮然とした面持ちに見えたのです。天皇陛下(60才)の前で深々とお辞儀をされるタイミングでは、特に……」(宮内庁関係者)

 その日、秋篠宮さまは皇居で主要儀式「朝見の儀」の予行に臨まれた。朝見の儀は秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣言されてからはじめて、天皇陛下に挨拶をされるもの。それは「兄と弟」だったおふたりの関係に、「天皇と皇嗣」という上下が明確に生まれた瞬間でもある。兄との関係がこれまでと違ったものになることに、秋篠宮さまはどんな思いを抱かれたのか。

 4週間後の11月30日、秋篠宮さまは55才の誕生日を迎えられた。それに伴い開かれた会見では「眞子さま(29才)のご結婚問題」ばかりがクローズアップされた。しかし、宮内庁の一部でさざ波を立てたのは、見え隠れした兄・天皇陛下との“不穏な関係”だった──。

「眞子さまを解決に当たらせた」も同然

「結婚することを認めるということです」

 秋篠宮さまは11月20日、お誕生日に伴う会見で、長女の眞子さまと小室圭さん(29才)のご結婚についてそう述べられた。

 これまで「現状では納采の儀は行えない」と否定的な姿勢を見せられていた秋篠宮さまだったが、今回の会見では「結婚については本当にしっかりした確固たる意志があれば、それを尊重するべき」と、理解を示された。しかし、その一方で現状について「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」とご発言。問題をクリアするために「見える形での対応」が必要であるとされ、結婚を手放しではお認めでないことがうかがえた。

 だが、小室さんに先んじて“見える形での対応”をしたのは、ある意外な人物だった。秋篠宮さまの誕生日と同日発売の『週刊現代』には次の記事が掲載された。

《小室圭さん「母の元婚約者」独白 「眞子さまにお伝えします。もうおカネ400万円は要りません」》

 そこに綴られたのは、小室さんの母・佳代さんの元婚約者Xさんが“債権放棄”したということだった。

《もう私は小室佳代さんから、400万円は返してもらわなくていいのです。(中略)今後、小室家に対して返金を求めることは一切いたしません》

 そんなXさんの言葉で同記事は始まる。これまで平行線となっていた両者の話し合いに、Xさんはどうして突然終止符を打ったのか。Xさんの代理人は・女性セブンにこう話す。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン