スポーツ

ロンドン五輪金の小原日登美 吉田沙保里という壁との戦い

ロンドン五輪金の小原日登美

ロンドン五輪レスリング金メダリストの小原日登美

 世界選手権8度の金メダルに輝きながらも、なかなか五輪出場が果たせなかった小原(旧姓・坂本)日登美(39才)。大きな挫折やライバルたちの壁に阻まれ、何度かマットを降りた彼女が、再び五輪出場を目指し、2012年ロンドン五輪金メダルに輝くまでの奇跡の物語を追った。

「私がレスリングを始めたのは小学3年生のとき。3才下の弟が通っていた『八戸kidsレスリング教室』が楽しそうで始めました。

 ここの方針は勝ち負けよりも、レスリングを通して礼儀や人として大切なことを学んでほしいというもので、なかでも“あいうえおの5つの約束”を、毎回、練習の終わりにみんなで大きな声で言っていたのが忘れられない思い出です」(小原・以下同)

 その“あいうえおの5つの約束”とは、こんなものだ。

あ…あいさつは聞こえるようにハッキリと。
い…いじめとけんかはしません。
う…嘘は絶対につきません。
え…笑顔で頑張ります。
お…お父さんとお母さんのいうことは聞きます。

「これは人間形成の上で大事な教えなので、いまでも大切にしています」

 その後、4才下の妹・坂本真喜子選手(35才)も同教室に通い始める。中学卒業後は、八戸工業大学第一高校に進学。だがレスリング部がなかったため、学校に相談してレスリング愛好会を発足させ、練習に励む。

「女子は私だけだったので、男子と練習をしていましたが、どうしても体力的にはかないません。それでも必死で追いつこうと、早起きして、5kmの走り込みをしたり、近くの小学校の校庭の鉄棒で懸垂したり。でも、男子と練習をしていたおかげで、強くなるためにはどうすべきか、自分で考えられるようになりました」

 練習場所がなくても、練習相手がいなくても、あきらめず、自暴自棄にならずに工夫して進む強さが、道を開いたのだ。

 ひとりで地道に練習に励んでいた彼女に、ターニングポイントが訪れる。高校2年生のときに出場した全国高校生選手権の会場で、レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)の監督の栄和人さん(当時)から声をかけられたのだ。

「栄監督から『うちの大学に来ないか』と言われたのですが、監督の情熱がすごくて、話を聞いているうちに『この人についていけば、世界チャンピオンになれるかもしれない』と思いました。進路も決まり、さらに練習に打ち込めるようになったからか、翌年の全国高校生選手権50kg級で優勝することができてうれしかったですね」

 高校卒業後は八戸を出て、栄監督のもとへ。1年目は栄監督が借りている寮で、同級生2人と先輩、後輩との共同生活をすることになった。

「栄監督の方針は勝つためには人生のすべてをレスリングに捧げるというもので、練習もできるまでとことん行うため、夕方5時から夜10時までかかったこともありました。休日に友達と遊びに出かけているときにも電話で呼び出され、戻って練習をしたことが何度もあります」

 それに監督は、寮で顔を合わせるとすぐにレスリングの話になるので、会わないようにしたりして(笑い)。朝から晩まで練習三昧のきつい日々でしたが、そのおかげで体力もつき、『絶対に勝つ!』という強い気持ちも持てるようになりました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン