• TOP
  • ライフ
  • 結婚54年目で夫を惚れ直す クイズ雑誌で博識を再確認

ライフ

2020.12.14 11:00  女性セブン

結婚54年目で夫を惚れ直す クイズ雑誌で博識を再確認

(イラスト/尾代ゆうこ)

コロナ禍で夫の良いところを再発見した人も(イラスト/尾代ゆうこ)

 コロナ禍で夫の在宅時間が長くなり、夫婦仲が悪くなったという話も多いが、『女性セブン』読者夫婦はちょっと違う模様。というのも、女性読者499人へのアンケートでは、夫婦関係に変化があったと答えた人の約8割が「仲がよくなった」というではありませんか。しかも、「夫のことをいまも愛している」と答えた読者が約75%も! そんな愛するダンナさまの魅力を聞いたところ、ごちそうさま!なエピソードが寄せられました。その中から、80才・主婦のお話を紹介します。

 * * *
 定年退職後、家にいることが多くなった夫と、クイズ雑誌にハマっています。

 そもそもは、私が認知症予防にと始めたのですが、なかなか解けずにうなっていたら、夫がアドバイスをくれるように。何度かそれを繰り返していたら、私が雑誌を取り出しただけで、スッと横に座ってくれ、「今日はどれだ」なんて、まるで家庭教師のように寄り添ってくれるようになったんです。

 そんな夫を見ていて思い出しました。そういえば、彼は昔から博識で、音楽に疎い私に、外国の有名な女性歌手のコンサートに誘ってくれたのが、おつきあいのきっかけでした。

 でもずっとそんなことは忘れていましたね。だって結婚してからは、同居する姑とうまくいかず……。おまけに夫が姑の味方ばかりするので、夫婦げんかばかりだったんです。

 いまは姑もいませんし、改めて昔のことをよく思い出しながら、夫のいいところを冷静に再発見できるようになりました。2020年はコロナで旅行にも行けず、新しい思い出をつくれなかったので、過去を回想するいい機会ですね。意外な脳トレにもなっています。(80才・主婦)

※女性セブン2021年1月1日号

関連記事

トピックス