スポーツ

PL教団の3代教祖死去で「PL学園野球部」は復活するのか?

御木貴日止氏が3代教祖になった年、KKコンビが登場(写真/共同通信社)

御木貴日止氏が3代教祖になった年、KKコンビが入学(写真/共同通信社)

 桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、前田健太ら80人以上のプロ野球選手を輩出した名門・PL学園野球部が活動休止となったのは2016年夏のこと。「謎の休部」の背景には、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団(以下、PL教団)の意向があったとされ、OBたちや高校野球ファンから活動再開を求める声があるにもかかわらず、復活には至っていない。そうしたなか、教団トップが亡くなった。野球部復活への道筋にどのような影響があるのか。『永遠のPL学園』などの著書があるノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 PL教団の3代教祖・御木貴日止(みき・たかひと)氏が亡くなったのは、12月5日だった。2007年以降は脳の疾患などによって車椅子生活を余儀なくされていた貴日止氏は、4日に体調が急変して病院に運ばれ、翌朝に息を引き取ったという。63歳だった。

「会員(信者)さんが気にしているのは、やはり後継者がどなたになるかです。おしえおや様(PL教団における教祖の呼称)が体調を崩されていたこともあって教団運営に大きな影響力のある奥様の美智代様か、三男二女のお子様の中から選ばれるのか。有力視されているのは、PL病院の理事長秘書をされている30代のご長男です」

 そう証言したのは、教団の元教師(布教師)だ。PL教団は後継者問題について「ノーコメントです」(渉外課)とするのみ。

2代教祖が亡くなった年に「KKコンビ」が入学

 大阪府の富田林市にあるPL教団の広大な聖地は、近鉄喜志駅と富田林駅にまたがり、正殿や信者が修行を行う錬成会館など大きな建物が点在する。小中高の一貫校であるPL学園の校舎やかつて硬式野球部が汗を流したグラウンドもまだ残っている。また、近隣には羽曳野丘陵を見下ろす大平和祈念塔やPL病院も建てられている。この聖地に足を踏み入れるには、特別なゲートで会員証を提示しなければならない。

 貴日止氏の密葬が行われていた12月8日、全国から200人近い教団教師が参列するという情報が入っていた。私は外周を歩きながら中の様子をうかがったが、人の気配はまるでなく、入場ゲート付近に喪服姿の信者が数名いただけだった。

 貴日止氏が教祖を引き継いだのは、1983年2月だ。ひとのみち教団を前身とするPL教団を立ち上げ、信者拡大に力を注いだ2代教祖・御木徳近(とくちか)氏が亡くなり、後継者に指名されていた貴日止氏が25歳という若さで神道系新宗教のトップに就く。

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン