• TOP
  • ライフ
  • 食道がん、肺がんの5年生存率が上昇 治療技術が進化

ライフ

2020.12.18 16:00  週刊ポスト

食道がん、肺がんの5年生存率が上昇 治療技術が進化

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

 11月19日、国立がん研究センターは、2010年から2012年にがんと診断された患者約14.8万の症例を集計した最新の「部位別5年生存率」を発表した。

 治療成果は年々上がっており、全部位平均の5年生存率は、68.6%と10年前の64.1%から上昇した。統計調査の責任者で千葉県がんセンター疫学研究部部長の三上春夫医師が語る。

「結果を見るとほとんどの部位で数値が改善していることが分かります。きちんと治療を受ければ、大部分のがんで5年生存率が50~60%を超える時代になったといえます」

 部位別で見ると、5年生存率が最も高いのは前立腺がんの100%で、甲状線がん(92.6%)、喉頭がん(82.0%)が続く(別掲表参照)。

 一方で胆のう・胆道がん(28.9%)、膵臓がん(11.1%)と、部位やステージによっては、まだまだ「死に至る病」であることが分かる。最新の調査結果をもとに、部位ごとにがんの傾向を見ていく。

 まずは男性患者が女性の6倍と多い食道がん。全ステージで5年生存率が10年前の同調査から大幅にアップ。全体でも11.3ポイント上昇し、今回の調査で最も高い伸び率となった。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「かつては予後の悪いがんで知られ、50代で死亡することも多かったが、近年は早期発見・早期治療が可能になりました。術後に誤嚥性肺炎を引き起こしやすい開胸手術に代わり、胸に開けた小さな穴からカメラを通す胸腔鏡手術が普及したためです。

 またこの手術は高齢の食道がん患者に対してはリスクが高いためほとんど行なわれていませんでしたが、手術支援ロボット『ダヴィンチ』により可能になったことも大きいでしょう」

関連記事

トピックス