ライフ

食道がん、肺がんの5年生存率が上昇 治療技術が進化

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

 11月19日、国立がん研究センターは、2010年から2012年にがんと診断された患者約14.8万の症例を集計した最新の「部位別5年生存率」を発表した。

 治療成果は年々上がっており、全部位平均の5年生存率は、68.6%と10年前の64.1%から上昇した。統計調査の責任者で千葉県がんセンター疫学研究部部長の三上春夫医師が語る。

「結果を見るとほとんどの部位で数値が改善していることが分かります。きちんと治療を受ければ、大部分のがんで5年生存率が50~60%を超える時代になったといえます」

 部位別で見ると、5年生存率が最も高いのは前立腺がんの100%で、甲状線がん(92.6%)、喉頭がん(82.0%)が続く(別掲表参照)。

 一方で胆のう・胆道がん(28.9%)、膵臓がん(11.1%)と、部位やステージによっては、まだまだ「死に至る病」であることが分かる。最新の調査結果をもとに、部位ごとにがんの傾向を見ていく。

 まずは男性患者が女性の6倍と多い食道がん。全ステージで5年生存率が10年前の同調査から大幅にアップ。全体でも11.3ポイント上昇し、今回の調査で最も高い伸び率となった。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「かつては予後の悪いがんで知られ、50代で死亡することも多かったが、近年は早期発見・早期治療が可能になりました。術後に誤嚥性肺炎を引き起こしやすい開胸手術に代わり、胸に開けた小さな穴からカメラを通す胸腔鏡手術が普及したためです。

 またこの手術は高齢の食道がん患者に対してはリスクが高いためほとんど行なわれていませんでしたが、手術支援ロボット『ダヴィンチ』により可能になったことも大きいでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン