芸能

5年ぶり民放ドラマ主演の香取慎吾「月曜夜10時」に運命感じる

「“ぼく昔、テレビドラマ出たことあるんだよ”くらいのテンションだったから、本当にうれしい」(香取)

「“ぼく昔、テレビドラマ出たことあるんだよ”くらいのテンションだったから、本当にうれしい」(香取)

 香取慎吾(43才)が主演を務めるドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜22時~、テレビ東京系)が1月25日にスタートする。SNSトラブル専門の「警視庁指殺人対策室」で顔の見えない犯罪者=アノニマスと闘う捜査官たちの活躍を描くこのドラマ。その見どころについて、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが香取に話を聞いた。

 * * *
芝居は苦手。仕事の中でいちばん難しい

山田:このところ、毎日のように『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)の最新情報が更新されて。すごく話題になっていますね。

香取:ありがとうございます。民放ドラマは5年ぶり? え? 『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』(テレビ朝日系)以来? へ~(しみじみ)。自分では、あんまり把握できてないんですよね。で、テレ東さんには33年ぶりに来ました。新しい社屋も初めてだったから、いろいろな場所を説明してもらいながらやった初日の衣装合わせやポスター撮りでは、すごくワクワクしました。『あぶない少年III』以来ということも皆さんから驚かれるんですけど、ぼく、小学生でしたからね。お芝居っぽくはやってましたけど、スケボーに乗ったりしてバラエティーみたいなカンジだったから、ドラマという印象はなかったです(苦笑)。

 ぼくは“お芝居”は苦手で、いろんなお仕事をさせていただいているなかでも、いちばん難しいなって思ってしまうんです。ただ最近、お芝居でのぼくのスイッチの入り方を褒めてくださるかたがいらっしゃる。(稲垣)吾郎チャン(47才)も言ってたかな。だけどぼくからすると、事前の準備ができないタイプで、もう行き当たりばったりで「本番」って言われたら120%で、やるでしょ。それしかできないって言うと、「みんな、それができないんだから」って。

 音楽とかアートとかは準備を詰めるところまで詰めてやってますし、放送作家のような役割を担っている『ななにー』(『7.2 新しい別の窓』・AbemaTV)でも、毎月トンデモない量の打ち合わせをしています。ブラッと商店街を歩くようなロケでも、なんでそんなに打ち合わせしてるんだろうと思うくらい、やってるんですけれど、お芝居の現場では完全に“お任せ”。ほんと、いちばん身を任せていますね。久々のこういうカンジを思いっきり楽しみたいなって思っています。それと、月曜夜10時という枠に関しては、ずっとその時間帯に番組をやらせてもらっていたので…、運命のようなものも感じているところです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト