スポーツ

紀平梨花は早稲田入り 大学フィギュアスケート部の存在意義とは

本田真凛は明治大学で学んでいる(時事通信フォト)

本田真凛は明治大学で学んでいる。写真は2017年(時事通信フォト)

未経験者でもウエルカム! 大学フィギュアスケート部の魅力

 樋口選手と本田選手は、現在、明治大学体育会スケート部フィギュア部門に所属し、部のSNSにもたびたび登場している。この明治大学と法政大学は、一般の観客を入れて行う合同エキシビション「明治×法政ON ICE」を2019年から開催するなど、大学スケートを盛り上げている。

 大学生スケーターたちが所属する大学の「フィギュアスケート部」の意義について、フィギュアスケートに詳しいライターの土田亜希子さんはこう解説する。

「まず前提として、フィギュアスケートのシングルは個人競技であり、有力選手はそれぞれコーチについているため、大学に進学したからといって、選手は必ずしもその大学のフィギュアスケート部に所属するわけではありません。羽生選手のように海外を拠点にしている選手もいますしね。また、部に属したとしても、師事するコーチによってリンクが異なるなど、必ずしも選手全員の練習環境が同じにはならないようなのですが、それでも部に所属することで、競技を続けていく上でのよきライバルや仲間を得られ、一体感を得られることはあると思います」

 フィギュアスケートを現地で観戦したことのある人なら、大学ごとの応援を耳にした経験があるかもしれない。たとえば全日本選手権だと、出場選手の多い大学、最近では明治大学や中京大学の応援が活発だ。熱い声援からは確かに、部活の意義が感じられる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン