国内

池袋暴走死傷事故遺族・松永拓也さんを支えた1冊のノート

松永さんご家族3人の思い出写真

莉子ちゃん1才のお誕生日。毎年年の数だけバラの花を贈っていた。

 2019年4月19日、東京・池袋の路上で暴走する高齢ドライバーが運転する車によって11人が死傷した事故。自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われる旧通商産業省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)の第4回公判が1月19日東京地裁で行われた。命を奪われてしまった松永真菜さん(当時31才)、莉子ちゃん(当時3才)の遺族、松永拓也さん(34)のこの1年半の日々、そして今思うことを、元捜査一課刑事で被害者・遺族への支援活動を行う佐々木成三さんが聞いた。

 * * *
佐々木成三さん(以下敬称略):昨年10月から裁判が始まって4回目の公判を終え、どんなお気持ちでしょうか。

松永拓也さん(以下敬称略):正直、今でも夜1人でベッドに横になっている時とか、ふと「実刑が出たら、自分の心は晴れるのかな」「これで2人の命が戻るわけじゃない」と思い悩む時もあるんですよね。

 でも被害者参加制度で裁判に参加していろいろな証拠や検証の結果を見ると、警察の方々がほんとうに緻密な捜査をしてくださったのだなと感謝しています。

 裁判に参加することで現実を知るのも加害者の顔を見るのもつらい作業で、もちろん参加しないという選択肢もあるのですが、これだけ大きな交通事故が軽い罪で終わってしまう前例を作るのは社会に禍根を残すことになる。失った命は戻らないけど、真相が明らかになることによって、今後こういった事故を防ぐにはどうしたらいいかつなげていきたい、と考えています。

佐々木:大切なご家族を失うという想像を絶するお辛い経験から一歩踏み出して、どうやってそういった気持ちを持てるようになったのでしょうか。

松永:事故の後、もう死んだほうがましだと思いました。

 娘が成長してひとり立ちしたら、妻と老後まで生きていくんだろうな、なんて漠然と想像していた未来はなくなってしまった。私はただの会社員でテレビの向こう側の話だと思っていた出来事が突然起こって、いきなり目の前が真っ暗になってしまったんです。

 1か月間毎日、事故現場に通って考え続けました。亡くなってしまったけれど真菜と莉子を愛している気持ちは変わらない、そして自分を愛してくれた人が確かにいたんだ。だから2人の命を無駄にしないで生きる、と決めました。

 そう決めたからには、誰かの命が交通事故で失われるのを未然に防ぎたい。自分が死ぬ時には「真菜と莉子の命を無駄にしなかったよ」って2人に言えるようになりたいと。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン