国内

アラ還女性ライター 森氏失言に「国際的に糾弾されるほど?」と疑問

辞任会見で頭を下げる森喜朗氏(時事通信フォト)

辞任することになり、頭を下げる森喜朗氏(時事通信フォト)

 東京五輪の開催予定日まであと5か月というのに、組織委員会のゴタゴタは続く。果たして開催できるのだろうか……。体験取材などでおなじみの女性セブンの“オバ記者”こと野原広子が、森喜朗氏の失言騒動と五輪について、思いを明かす。

 * * *
 森喜朗さん(83才)が“失言”で日本中……どころか世界を騒がせて、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長辞任に追い込まれた。でも、私は最初から周囲にこう言っていたの。

「あの発言の何が悪いのかわかんない。80を過ぎたエライさんにマイクを持たせたら、もっとすごいことを言うよ」

 いまにして思えば、いろんな意味でヘタを打ったと思うけれど、 昭和の半ばに茨城の農村部で生まれ育った私もまた、男女平等意識が乏しいんだわ。

「女のくせに」「女だてらに」「女が出しゃばんじゃねえ」「女なんだから」などなど、学校の先生もふつうにそう言っていたもの。といって、男がエライとか、女を指導する立場にある、なんてこれっぽっちも思わなかった。

 バカな父ちゃんをおだてたり叱ったりしながら、母ちゃんが一家の面倒を見ている家が、当時は珍しくなかったのよ。そして、お酒が過ぎた父ちゃんが暴言を吐いたりすると、母ちゃんは怒鳴り返したり、時にはつかみ合いのケンカ。でも、力では男にかなわない。殴られる前に逃げる。

 といっても、ただ逃げることはしない。ケンカの翌日か翌々日か、母ちゃんは町の洋品店に向かう。父ちゃんが生涯、縁のない金額の洋服をバンバン買うために。

 東京のサラリーマン家庭はどうだったか。

 都内に住む私の叔母は、大手精密機器メーカーに勤めていた叔父と結婚した。結核病院の患者と看護婦として知り合った後の結婚だった。そのとき叔母は、年配の患者からこう言われたそうな。「『給料袋を妻に渡す前に開封するようなことが一度でもあったら、そのときは離婚する』。そう約束させなさい」と。

 叔父はその言葉通り、給料を全額そのまま叔母に渡し、週に1度、小遣いの範囲内で競馬を楽しんだ。定年退職して数年後、がんの床についたとき、「もう競馬は卒業だ。あとは息子に全部託すよ」と言って馬券を数枚、従兄弟に渡した。聞けば、当たり馬券は100円券ばかりで、換金したところで合計3620円。

 男は給料を全部妻に渡して、威張る。女は従順なふりをする代わり、家計はがっちり握る。それはそれでバランスが取れていた時代があったのよね。私が結婚した1981年は、すでに給料は振り込み制になっていたけど、「給料に手を出さない」は、サラリーマン男の気概としてまだ残っていたと思う。

 それが大きく変わったのは、私の実感で言うと、男女雇用機会均等法からね。職種も給料も男女差なし。めでたし、めでたし。と言いたいところだけど、正直、ライター業はハナから給料(原稿料)に男女差がないからピンとこない。

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト