芸能

3度目離婚の小室哲哉 華麗なる女性遍歴、最初の結婚生活は4年間

3度めの離婚となった

3度めの離婚となった

 KEIKO(48才)との離婚が成立した小室哲哉(62才)。今回で離婚は3度目となる。稀代の音楽プロデューサーとして、多くの女性と噂になってきた小室の女性遍歴をあらためて振り返ってみよう。

 小室の最初の結婚は、TMネットワークとしてデビューした後の1988年のことだった。相手はTMと同年デビューの女性アイドルユニット「キララとウララ」の大谷香奈子さん(54)。当時小室は29才。8才年下の大谷さんは結婚後にアイドルを辞め、ラジオパーソナリティやレポーターとして小室香奈子名義で活躍したが、4年後の1992年に協議離婚した。

 その後、篠原涼子やTRFのプロデュースで一躍時代の寵児となった小室が出会った女性が、当時は遠峯ありさ名でアイドル活動をしていた華原朋美(46)だ。バラエティ番組に出演していた遠峰ありさを観た小室が、「会いたい」となったのがきっかけだった。そのエピソードを華原も自身のYouTubeチャンネルで明かしており、「それから私は華原朋美になった」と語っている。

 小室ファミリーの一員として1995年にデビューした華原は、プライベートでも小室の恋人に。公の場にも2人で手をつなぎ登場するなど、その交際ぶりは広く知られることになった。ところが1999年1月に華原が自宅で倒れて救急搬送され、破局していたことが明らかになる。華原とは16歳差の恋愛だった。

 小室は華原との破局報道と前後して自身がプロデュースした音楽ユニットdosのASAMIこと吉田麻美(45)と交際を始めていたことが報じられ、子供ができたことを機に2001年5月に結婚。が、わずか10か月でスピード離婚した。小室は数億円の慰謝料や養育費を払うことになったが、2005年には養育費の未払いがあることを吉田が『週刊ポスト』誌上で訴えたこともあった。吉田は17才年下の妻だった。

関連記事

トピックス