妻の池波志乃が断捨離する「ねじねじ」200本を選んだ(時事)

妻の池波志乃が断捨離する「ねじねじ」200本を選んだ(時事)

 アトリエや別荘の備品も処分したけど、なかなか捨てられなかったのが本だね。半分以上は整理したけど、なんてったって3軒分だから相当な数がある。江戸川乱歩の初版本の全集なんてのもあったけど、これはカミさんがインターネットでいい古本屋さんを見つけてくれてね。そういうことがわかってくると、整理しがいもあるんですよ。

 もちろん悩む場合も結構あってね。そういうときは1週間くらい目につくところに置いておいて、それで要らないなと思ったら処分する。時間がたって、使わないことに気付けば処分できるんです。私の好きな「ねじねじ」も、カミさんが200本処分しました。彼女は私が好きな色や生地、長さなんかも知っているから、使いそうなものだけ残してくれた。今でも「ねじねじ」は買っていますが、以前のような衝動買いはしない。二晩考えて、やっぱり欲しかったら買うことにしています(笑)。

 処分するときは、これまで役割を果たしてくれてご苦労さん、という気持ちを込めています。そうやって様々なものを処分すると、変な表現だけど手足が伸びた感じがします。もったいない、という余計なしがらみもなくなって気が楽です。「もったいない」と「せっかくだから」というのは実は邪魔な気持ちなんです。ものが減ると、そういう気持ちにも囚われずに、のびのびした毎日を送れますよ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン